ニュース

2017.6.14

U-23:アタカンが2部へ移籍

U-23:アタカンが2部へ移籍

ボルシア・ドルトムントU-23チームのアタカン・カラゾルがBVBを離れ、来シーズンからブンデスリーガ2部で戦うホルシュタイン・キールへ移籍することになった。アタカンは2年前、同じルール地方を本拠地とするVfLボーフム1848のU-19チームから加入し、ブラック&イエローのリザーブチームで守備的MFとして59試合に出場した。

 

BVB U-23チームのスポーツディレクター、インゴ・プロイスは「アタカンの今後の活躍に加え、2部リーグで一刻も早く評価を確立できるよう願ってやまない」と語った。

 

一方、右SBブラク・カモールとFWハマディ・アル・ガディウイも今夏から3部リーグに活躍の場を移し、ブラクはカールスルーエSC、アル・ガディウィはSFロッテにそれぞれ移籍。また、キャプテンのクリストフ・ツィマーマンは契約満了を迎えたものの、現時点では新しい所属先が決まっていない。ボルシア・ドルトムントはこれまでBVBに所属した全選手の成長ならびに新天地での活躍を心より願っている!

 

【関連記事】
プレシーズンのスケジュール
来シーズンのブンデスリーガ試合日程
U-17チーム、健闘も空しく決勝進出ならず

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>