ニュース

2017.11.13

U-23チーム、ボンで快勝

U-23チーム、ボンで快勝

珍しく日曜日の夜に試合を行ったボルシア・ドルトムントのU-23チームが、レギオナルリーガ西部の第17節でボナーSCとアウェーで対決。4-0(前半1-0)と快勝し、6位に浮上した。

 

2ゴールを挙げたヘアバート・ボックホーン

 

ヤン・ジーベルト監督は前回の試合からスタメンを大幅に変更。アブデルマジード・ブアリとデンゼイル・ボアドゥがデビューを果たした。

 

BVBは序盤から主導権を握り、ボールを支配して幾度となくホームチームのゴールに迫った。そして前半終了間際、直前にFKをポストに当てていたマッシモ・オルナテッリのアシストから、フィリップ・ハンケがフリーで決めて、ようやく先制。1-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 

若きブラック&イエローは、後半に入っても次々と得点チャンスをつくり、魅力的なサッカーを披露する。まずヘアバート・ボックホーンが鮮やかな一撃をゴール左上隅に決めてリードを広げると、わずか3分後にはオルナテッリが阻止不能のFKで3点目をマークした。

 

これで勝負はついたも同然だったが、BVBは満足せず、さらにゴールを求めていく。そして68分、オルナテッリとザウアーラントの力強い連係からボックホーンがこの日2点目。そのあとはBVBがギアを少し落としたため、ホームのボナーが何度かハーフチャンスをつくったものの、得点には至らず。BVBが4-0で文句なしの勝利を収めた。

 

金曜日には次の試合があり、シーズン後半戦の初戦でロート=バイス・エッセンの本拠地ハーフェンシュトラーセに乗り込む。

 

文:ティモ・ラマート

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>