ニュース

2018.5.14

U-23チーム、ボナーSCと引き分け4位で終了

U-23チーム、ボナーSCと引き分け4位で終了

ボルシア・ドルトムントU-23は13日のレギオナルリーガ西部最終節でボナーSCと0-0で引き分け、長きにわたるシーズンを4位で終えた。ローテ・エルデ・シュタディオンで行われた試合では両チームともチャンスをなかなかつくれず、互いに決め手を欠いたまま終了のホイッスルを迎えた。

 

上位3チーム入りを狙っていたBVBは、立ち上がりから攻勢に出てボールを支配。しかし試合最初のチャンスをつくったのは、降格回避を目指してカウンターを仕掛けたボナーだった。雨が強まるなか、試合は攻め合いの様相を強めたものの、互いにチャンスはなかなかつくれなかった。

 

 

BVBのヤン・ジーベルト監督は後半からスピードのあるフィリップ・ハンケをエバンゲロス・パフリディスに代えて中盤に投入。57分、そのハンケと連携したダビド・ザウアーラントが狙うも、ボナーのGKモナトに止められた。勢いに乗るBVBは、80分にボナーのジャンルカ・リッツォが退場となって数的優位に立ったが、アウェーチームのコンパクトな守備を最後まで崩せなかった。

 

結局、BVBは浮き沈みの激しいシーズンを4位で終了。ジーベルト監督は試合後、「今日はたくさん生まれたチャンスを生かせなかった。私にとっては本当に楽しかったシーズン。次を楽しみにしている」と語った。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>