ニュース

2019.9.23

U-23はレーディングハウゼン相手にホーム初黒星

U-23はレーディングハウゼン相手にホーム初黒星

21日午後、ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1088人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでレーディングハウゼンと対戦。レギオナルリーガの首位チーム相手に低調なパフォーマンスに終始し、0-4(前半0-2)と完敗を喫した。

 

若きブラック&イエローは13分に最初の好機を迎えた。フィンソンのフリーキックからコーナーキックを獲得。ラシュルが蹴ったボールは直接ゴールに向かったが、相手ディフェンダーにブロックされた。一方、アウェーのレーディングハウゼンは最初の得点チャンスをゴールに結びつける。16分、ペナルティーエリアまで持ち込んだエンゲルマンがそのまま自らシュート。阻止不能の一撃がBVBのGKレッカートの守るゴールに突き刺さった。

 

BVBはすぐに立ち直り、試合を支配する。アウェーチームはカウンター作戦に切り替えたが、これが41分に実を結ぶ。素早くスローインしたボールがエンゲルマンのもとへ。エンゲルマンはゴール前20メートルの位置から再び強烈なシュートでレッカートを破った。

 

後半に入ると、5分もたたないうちにレーデイングハウゼンがさらなる追加点を奪う。今度はクンツェがレッカートの逆を突いた。BVBのマイク・トゥルベア監督は60分を過ぎて2枚の交代カードを切り、ドゥマンとヒップに代えてカーストルップとバンナーを投入。しかし試合の流れは変わらず、BVBはレーディングハウゼンの堅い守りの前にゴールを伺うことすらできない。76分にはクンツェにダメ押しの4点目を喫した。

 

次節は9月30日(月)のナイトゲームとなり、ロート・バイス・オーバーハウゼンをホームに迎える。

 

BVB U-23:レッカート;ヒッペ(64分 バンナー)、レンテ、バレルディ、フィンソン;ラシュル(74分 リッツォ)、ホーバー、ドゥマン(64分 カーストルップ);ボヤンバ、ティゲス、フューリッヒ(82分 トゥンガ)
ゴール:エンゲルマン(16分)、エンゲルマン(41分)、クンツェ(50分)、クンツェ(76分)

 

【関連記事】
ロイス:「2-1で勝ち切るべきだった」
2-2:フランクフルトに2度追いつかれドロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.33

2020.7.5

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.33

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第33回を公開!   Vol.33 総括!!   ブンデス最終戦! ホー 続きを読む>>

武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.4

2020.7.2

武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.4

BVBブランドアンバサダーを務める武田玲奈さんのブログ第4回を公開!   Vol.4 BVBブランドアンバサダー:1年を振り返って 続きを読む>>

BVB 20/21ホームユニフォーム発売

2020.7.2

BVB 20/21ホームユニフォーム発売

選手たちは来シーズンの前に充電期間を過ごすが、私たちにとってのエキサイティングで濃密な20/21シーズンはもう始まっている – 続きを読む>>