ニュース

2019.3.9

U-23はレーディングハウゼンに苦杯

U-23はレーディングハウゼンに苦杯

ボルシア・ドルトムントU-23は8日夜、レギオナルリーガ3位のSVレーディングハウゼンと対戦し、低調な内容に終止したこの試合を0-1で落とした。85分にコーナーキックから決勝点を奪われている。

 

得失点差で4位につけていたBVB U-23は、多くの主力が負傷で欠場。それでもルカ・キリアンが出場停止処分を終え、ハイメン・バー=トラオレが342日ぶりに先発復帰を果たした。前半はこの21歳が右サイドで存在感を発揮し、開始10分に最初のチャンスを演出。しかしジョセフ・ボヤンバへのパスが強すぎてしまい、相手ゴールキーパーにキャッチされてしまった。

 

その後はコンパクトな両チームが慎重に試合を進めたため、やや膠着した展開に。30分過ぎにレーディングハウゼンがゴールに迫ったが、GKエリック・エルシュレーゲルがうまく対応して事なきを得た。

 

0-0で迎えた後半も両チームが守備を重視し、チャンスはなかなか生まれない。だが試合終了5分前、コーナーキックを獲得したレーディングハウゼンはファビアン・クンツェが空中戦を制し、ヘディングで決勝点をマーク。土壇場にリードを許したBVB U-23も反撃に転じ、同じく戦列に復帰したばかりのケンペス・テキエラを送り込んだが、そのまま0-1で敗れた。

 

BVB U-23のアレン・テルジッチ監督は、「前半は非常に窮屈で、空いたスペースを見つけることができなかった。後半は何度かチャンスをつくったが、レーディングハウゼンの守備がとても組織的だった。セットプレーでの敗戦はなかなか受け入れがたい」と語った。16日の次節ではブッパータールSVのホームに乗り込む。

 

【関連記事】
テルジッチ新監督の初戦はドロー
3-1:雨にも負けずシュツットガルトに勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

2019.3.23

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

代表マッチウィーク中のためトップチームには10人にも満たない選手しか残っていないが、だからといって練習の強度が落ちるわけではない。22日のセッションでは選手一人一人にフォーカ 続きを読む>>

リーグ戦の全試合時間が確定

2019.3.20

リーグ戦の全試合時間が確定

ドイツ・サッカーリーグ(DFL)が2018-19シーズンのブンデスリーガ第29節から第32節の試合日程を発表。ジグナル・イドゥナ・パルクでの大一番、FCシャルケ04とのレビア 続きを読む>>

戻ってきた高揚感と優勝への自信

2019.3.18

戻ってきた高揚感と優勝への自信

「我らが人生のすべて、我らが誇りのすべて、それはBVBだけ!」。夜9時、試合終了の笛が吹かれてからだいぶたっていたが、ベルリンのオリンピアシュタディオンではまだBVBサポーターたちが歌い踊っ 続きを読む>>