ニュース

2018.8.5

U-23、2点ビハインドから勝ち点1を獲得

U-23、2点ビハインドから勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントU-23とビクトリア・ケルンのレギオナルリーガ第2節は2-2(前半0-2)のドローに終わった。2点を先行されながらもドミニク・バナーの2ゴールで追いついたBVBは、最終的に勝利を収めていてもおかしくなかった。

 

開幕戦から1人だけを変更した若きブラック&イエローは、序盤から積極的なサッカーで主導権を掌握。開始早々の5分にマッシモ・オルナテッリのボレーがクロスバーをかすめると、その後も立て続けにゴールを脅かす。対するビクトリアは遠めの距離から狙うことしかできず、いずれもBVBのGKヤン・レッカートが難なく対処した。

 

 

この日は気温が30度を超えていたため、バスティアン・ベルナー主審が給水タイムを採用。試合再開後はそれまでの流れが一変し、何度かチャンスをつくるようになったビクトリアがCBダニエル・ライヒェのややラッキーなゴールで均衡を破る。これで勢いに乗ったビクトリアは、30分にもティム・ゴレーのPKから追加点を挙げた。

 

BVBのヤン・ジーベルト監督は、セーレン・ディークマンをスピードのあるバナーに交代。この交代策は58分に実を結び、BVBがバナーのゴールで1点差に詰め寄った。地元ファンの声援に後押しされたBVBは、その2分後に試合を振り出しに戻す。エバンゲロス・パブリディスのパスに反応してネットを揺らしたのは、またしてもバナーだった。

 

2-2に追いついたBVBは完全に勢いに乗り、後半からほぼ何もできなくなっていたビクトリアを圧倒。67分にもパブリディスがフリーでヘディングシュートを放ったが、これは相手GKにセーブされる。その後もペースを握っていたのはBVBだったが、逆転勝利につながる3点目は最後まで決まらず、3週間の中断期間前最後の試合を引き分けで終えた。

 

ジーベルト監督率いるU-23チームは、8月26日のレギオナルリーガ次節でSCビーデンブリュックのホームに乗り込む。

 

文:ティモ・ラマート

 

 

【関連記事】
U-23チーム、終盤の逆転劇で白星発進
合宿4日目:猛暑のなか、引き続きハードな練習
BVBレジェンドチーム ― 過去現在未来の架け橋
ファブレ監督、新キャプテンにロイスを指名!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

1999年以降のダービーで最速ゴール

2018.12.9

1999年以降のダービーで最速ゴール

シャルケ戦で試合を支配したボルシア・ドルトムントは、相手より脅威をもたらし、シュート数も10-6と上回った。トーマス・ディレイニーは1999年以降のダービーで最速となるゴール 続きを読む>>

「冷静に戦い続けたことが大きかった」

2018.12.9

「冷静に戦い続けたことが大きかった」

FCシャルケ04戦後の記者会見に臨んだボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は、前半のパフォーマンスに不満が残るものの、1-1に追いつかれてからギアを上げた選手たちを 続きを読む>>

2-1:ディレイニーとサンチョが決めてダービー制す

2018.12.9

2-1:ディレイニーとサンチョが決めてダービー制す

ダービー勝利! リーグ首位キープ! さあ祝杯を挙げよう! ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第14節で宿敵FCシャルケ04との第153回レビアダービーに臨み、敵地で2-1 続きを読む>>