ニュース

2018.12.2

U-23、頂上決戦で1-3の敗北

U-23、頂上決戦で1-3の敗北

1300人の観客が集まったケルンのシュポルトパルク・ヘーエンベルクで、両チームは90分間にわたって死闘を繰り広げた。だが最終的にボルシア・ドルトムントのU-23チームは首位ビクトリア・ケルンに1-3(1-2)で屈し、敗者としてピッチをあとにすることになった。ブラック&イエローのゴールを決めたのはヘアバート・ボックホーン。これで昇格争いはほぼ決着がついてしまった。

 

レポート:ティモ・ラマート(ケルン)

 

どちらのチームも試合開始後すぐに流れをつかみ、立ち上がりから攻撃的サッカーが展開された。10分にはトップチームから参加したセバスティアン・ローデが立て続けに2度、得点チャンスを得たが、いずれもシュートはクロスバーの上。しかし徐々に試合を支配し始めたBVBは26分に均衡を破る。ジョセフ・ボヤンバの好プレーからボックホーンが阻止不能の一撃をファーコーナーに突き刺した。

 

33分にローデのシュートが相手キーパーに阻止された直後、ビクトリア・ケルンがPKを獲得。これをバクスツァットが沈めて1-1に追いついたホームチームは、その5分後にもBVBの守備のミスを突いてバクスツァットが再び決め、2-1と逆転に成功した。

 

後半は時間が経つにつれてファウルでプレーが中断することが増え、71分にビクトリア・ケルンがダメ押しの3点目を追加。決定的な場面でより集中力を発揮したホームチームがそのまま勝利を手にした。

 

ウインターブレークまであと2試合。次節は年内最後のホームゲームとなり、8日にシュタディオン・ローテエルデでSGバッテンシャイトと顔を合わせる。

 

BVB U-23:エールシュレーゲル;ボックホーン、ピーパー、ボアドゥ(79分 パブリディス)、シュベアマン、ディークマン;ブルニッチ(62分 レンテ)、ローデ(72分 ハンケ)、オルナテッリ;リッツォ、ボヤンバ
ゴール:ボックホーン(26分)、バクスツァット(35分 PK)、バクスツァット(40分)、ブニャク(72分)

 

【関連記事】
U-23、序盤の失点から立ち直れず敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間に 続きを読む>>

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

2019.1.22

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

ボルシア・ドルトムントは21日、U-23チームを率いるヤン・ジーベルト監督との契約の即時解除に応じた。レギオナルリーガ西部で戦うBVBのリザーブチームを1年半にわたって指導し 続きを読む>>

勝ち点3以上の価値ある勝利

2019.1.21

勝ち点3以上の価値ある勝利

ボルシア・ドルトムントは敵地ライプツィヒで貴重な勝ち点3と大きな収穫を手に入れた。この日のBVBは極めて重要な選手の不在というアクシデントを乗り越えただけでなく、守備でも多く 続きを読む>>