ニュース

2018.12.2

U-23、頂上決戦で1-3の敗北

U-23、頂上決戦で1-3の敗北

1300人の観客が集まったケルンのシュポルトパルク・ヘーエンベルクで、両チームは90分間にわたって死闘を繰り広げた。だが最終的にボルシア・ドルトムントのU-23チームは首位ビクトリア・ケルンに1-3(1-2)で屈し、敗者としてピッチをあとにすることになった。ブラック&イエローのゴールを決めたのはヘアバート・ボックホーン。これで昇格争いはほぼ決着がついてしまった。

 

レポート:ティモ・ラマート(ケルン)

 

どちらのチームも試合開始後すぐに流れをつかみ、立ち上がりから攻撃的サッカーが展開された。10分にはトップチームから参加したセバスティアン・ローデが立て続けに2度、得点チャンスを得たが、いずれもシュートはクロスバーの上。しかし徐々に試合を支配し始めたBVBは26分に均衡を破る。ジョセフ・ボヤンバの好プレーからボックホーンが阻止不能の一撃をファーコーナーに突き刺した。

 

33分にローデのシュートが相手キーパーに阻止された直後、ビクトリア・ケルンがPKを獲得。これをバクスツァットが沈めて1-1に追いついたホームチームは、その5分後にもBVBの守備のミスを突いてバクスツァットが再び決め、2-1と逆転に成功した。

 

後半は時間が経つにつれてファウルでプレーが中断することが増え、71分にビクトリア・ケルンがダメ押しの3点目を追加。決定的な場面でより集中力を発揮したホームチームがそのまま勝利を手にした。

 

ウインターブレークまであと2試合。次節は年内最後のホームゲームとなり、8日にシュタディオン・ローテエルデでSGバッテンシャイトと顔を合わせる。

 

BVB U-23:エールシュレーゲル;ボックホーン、ピーパー、ボアドゥ(79分 パブリディス)、シュベアマン、ディークマン;ブルニッチ(62分 レンテ)、ローデ(72分 ハンケ)、オルナテッリ;リッツォ、ボヤンバ
ゴール:ボックホーン(26分)、バクスツァット(35分 PK)、バクスツァット(40分)、ブニャク(72分)

 

【関連記事】
U-23、序盤の失点から立ち直れず敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイスとサンチョが代表戦で躍動

2019.3.26

ロイスとサンチョが代表戦で躍動

ドイツ代表のマルコ・ロイスはEURO 2020予選のオランダ戦で88分に途中出場し、そのわずか120秒後に正確なクロスでニコ・シュルツの決勝ゴールをアシスト。敵地アムステルダ 続きを読む>>

マヌエル・アカンジの物語

2019.3.25

マヌエル・アカンジの物語

マヌエル・アカンジについて言えば、自信と傲慢はイコールではない。確かにその振る舞いは無愛想に見える。しかしそこに偽りはない。「自分に何ができるかわかっている」アカンジは、「で 続きを読む>>

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

2019.3.23

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

代表マッチウィーク中のためトップチームには10人にも満たない選手しか残っていないが、だからといって練習の強度が落ちるわけではない。22日のセッションでは選手一人一人にフォーカ 続きを読む>>