ニュース

2018.11.18

U-23、序盤の失点から立ち直れず敗北

U-23、序盤の失点から立ち直れず敗北

レギオナルリーガ西部はシーズン後半戦に突入し、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはその初戦でボナーSCにホームで0-2(前半0-1)と敗北。しかし3位オーバーハウゼンも敗れたため、2位の座を維持している。

 

若きBVBは開始早々に守備の乱れからマルコ・レンテがPKを与えてしまい、劣勢からのスタート。その後もアウェーチームに何度かゴールを脅かされた。攻撃的な選手たちがなかなかプレーに絡めず、ほとんど得点チャンスをつくれなかったBVBは、28分にようやく訪れた決定機もジョゼフ・ボヤンバが決めきれない。ボヤンバはハーフタイム直前のシーンでも、相手ディフェンダー2人置き去りしたアレクサンデル・イサクからのクロスを枠に収められなかった。この前半終了間際に得た勢いのまま後半をスタートさせたブラック&イエローは、ボナーを自陣に押しとどめたものの、4人ずつの2ラインを前に突破口が見つからない。ドミニク・バナーの絶妙なパスからヘアバート・ボックホーンが放った浮き球のシュートもボナーの守護神を破れず。すると77分、逆にカウンターからボナーに追加点を奪われ、スコアは0-2に。終盤にはジャンルカ・リッツォが相手ゴールキーパーに倒されPKを得たが、ボックホーンはこれをクロスバーの上に大きく蹴り上げてしまった。

 

来週末は25日が死者の慰霊日(トーテンゾンターク)のため、レギオナルリーガはお休み。その翌週の12月1日、リーグ首位のビクトリア・ケルンとアウェーで対戦する(日本時間22時キックオフ)。

 

文:イェンス・フォルケ

 

【関連記事】
U-23、アーヘンと引き分け2位で前半戦終了
U-23は香川&イサクの活躍で圧勝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>