ニュース

2016.9.28

U-19チームはレアルに敗北、再び故障者発生

U-19チームはレアルに敗北、再び故障者発生

ボルシア・ドルトムントのU-19チームは、UEFAユースリーグのホーム初戦を落とした。ワルシャワの地でレギアを2-0と下して白星スタートを切ったBVBだったが、この日はレアル・マドリーに2-5(前半1-3)で敗北。その上、故障者も出してしまった。

 

昨年のU-17欧州選手権で十字靱帯を負傷したDFパトリック・フリッチュが、20分にまたしてもひざを負傷。相手選手との接触はなかったが、重傷とみられている。

 

負傷したフリッチュ

 

立ち上がりから主導権を握ったマドリーは、序盤にFKで先制。それでも3分後、BVBはアーバイラーが相手GKからボールを奪って同点とする。しかし、守備陣がスペースを与えすぎてしまい、ミスも出て再び1-2とリードを許してしまう。

 

その後は両チームに得点機が訪れ、BVBには2-2に追いつくチャンスもあったが、次のゴールを奪ったのはマドリー。試合は1-3で折り返し地点を迎えた。

 

BVBは不屈の精神で戦い続け、52分にアメニードのゴールで1点を返す。だが5分後、マドリーはカウンターから4-2とし、63分にも1点を追加して勝負をつけた。BVBもチャンスをつくり、一度はネットを揺らしたものの、主審にゴールを認められなかった。

 

ゴール:オスカール(9分)、アーバイラー(12分)、ハキミ(28分)、ロドリゲス(35分)、アメニード(52分) 、ディアス・バラスケス(57分)、ガルシア(63分)
観客数:1509人(ホルツビッケーデ)

 

【関連記事】
2-2:土壇場のゴールで勝ち点1を奪取
ユースリーグで好発進もスクデリが負傷

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

2017.2.24

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

小学4年生から6年生を対象とした日本のフットサル大会EXILE CUP 2016の優勝チームが、2月18日にドルトムントを訪問した。   続きを読む>>

『BVB World』Episode29

2017.2.24

『BVB World』Episode29

ボルシア・ドルトムントが選手のインタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。最新のEpisode29をお届け! &nbs 続きを読む>>

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

2017.2.23

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

ボルシア・ドルトムントを丸ごと一冊特集した「ワールドサッカーキング3月号」が10日に発売された。   2015年、2016年に続き、「 続きを読む>>