ニュース

2017.5.23

U-19チーム、PK戦を制してAジュニア選手権連覇

U-19チーム、PK戦を制してAジュニア選手権連覇

ボルシア・ドルトムントのU-19チームがFCバイエルン・ミュンヘンのU-19チームを退けてドイツAジュニア選手権のタイトル防衛に成功し、通算7度目の優勝を決めた。ジグナル・イドゥナ・パルクに過去最多の3万3500人を動員して行われた決勝はクオリティーの高い白熱の一戦となったが、前後半と延長戦を終えてもスコアレスで決着がつかず、最後はPK戦を8-7で制したブラック&イエローが歓喜を味わった。

 

 

試合は素晴らしい雰囲気のなかで行われ、大いに盛り上がった。今回のドイツAジュニア選手権決勝がユースサッカーのいい宣伝になったことは間違いない。立ち上がりの早い時間帯に立て続けにチャンスを迎えたのはBVBでアメニード(オフサイド)とシュベアマン(ロングシュート)がゴールに迫ったが、その後に何度か危険な場面をつくったのはバイエルンのほうだった。10分のシャバニのヘディングシュートは惜しかったが、わずかにゴール脇に外れた。

 

パスラックは86分に負傷交代

 

ミュンヘンからやってきたチームは前半、高い位置からプレスをかけ、BVBのパスサッカーとポジションプレーを寸断しようとした。この結果、BVBはロングボールに頼ることとなる。しかしこれが活気あふれる試合のテンポをさらに高め、両方のゴールに多くのシュート(ほとんどがロングシュートだったが)が浴びせられた。両者とも非常にフェアなプレーで、すべてのボールを奪い合った。

 

ジグナル・イドゥナ・パルクはトップチームのメンバーやクラブの経営陣も含む3万3450人強の観客で埋め尽くされていたが、彼ら全員が思わず身を乗り出したのが後半の開始68秒。完璧なパスに追いついたダビド・コパチュがバイエルンのGKロン・トアベン・ホフマンをかわしたが、シュートを枠に収めることはできなかった。コパチュはその2分後にもペナルティーエリアに抜け出しシュートを放ったが、今度はホフマンの伸ばした足に阻まれた。

 

南スタンドに向かって攻めていたブラック&イエローは、しかしこれで勢いづき、中央を駆け上がったパスラックのシュートがポストに跳ね返っていなければ、58分に均衡を破れたはずだった。その6分前、反対側のゴール前ではタルナトのFKをアイケ・バンゼンがゴール上隅から押し出していた。

 

 

どちらも譲らぬ拮抗した戦いは終盤戦に入り、BVBがより惜しいチャンスをつくり始める。79分と87分にはバクスマンが中央右のポジションから2度、シュートを放ったものの、いずれもホフマンの好セーブに遭う。その1分後には、ブルトのヘッドもバイエルンの守護神に阻まれた。

 

バンゼンが止め、ピーパーが冷静に決める

 

延長戦でも試合を支配したのはBVBだったが、ネットを揺らしたのはバイエルンだった。しかし決まったかに見えたこの103分のアブジャのゴールはオフサイドで認められない。両者とも情熱的かつパワフルな戦いを披露。BVBはホームでのアドバンテージを利用して波状攻撃を仕掛けたものの、121分のブルトの一撃もわずかに枠の外。勝負は結局、PK戦に持ち込まれた。

 

南スタンドの前で行われたPK戦は、両チーム合わせて17本目と18本目が終わっても勝負がつかなかった。しかし次のティルマンの1本をバンゼンが止め、最後はアモス・ピーパーがホームチームに勝利をもたらした。

 

BVB:バンゼン;パスラック(シュルテ 86分)、キリアン、ピーパー、ベステ;ラウカート、ブルニッチ;コパチュ、バンナー(ブルト 56分)、シュベアマン(バクスマン 67分);アメニード(セラ 76分)
ゴール:なし
PK戦:ゲッツェ 0-1、ベステ 1-1、シュティングル(クロスバーの上)、シュルテ(セーブされる)、ハジッチ 1-2、ラウカート 2-2、フリードル 2-3、セラ 3-3、ツルニツキ 3-4、ブルニッチ 4-4、エンガネス 4-5、ブルト 5-5、アブジャ 5-6、バクスマン 6-6、タルナト 6-7、キリアン 7-7、ティルマン(セーブされる)、ピーパー 8-7
観客数:3万3450人

 

文:ボリス・ルパート

 

ドイツU-19選手権決勝のハイライト映像はBVB total!で視聴可能

 

【関連記事】
BVB U-19チームが決勝進出!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ハキミとサンチョに処分なし

2020.6.4

ハキミとサンチョに処分なし

ドイツサッカー連盟(DFB)規律委員会は、アメリカで先日亡くなったジョージ・フロイド氏へのメッセージを表示したボルシア・ドルトムントのアシュラフ・ハキミとジェイドン・サンチョ 続きを読む>>

見えてきたクラブ得点記録更新とCL出場

2020.6.2

見えてきたクラブ得点記録更新とCL出場

ボルシア・ドルトムントは今シーズン後半、好調を維持し続け、ブンデスリーガ12試合で10勝を挙げている。ただし、首位に立つバイエルン・ミュンヘンはそれ以上の成績を残しており(1 続きを読む>>

2079日ぶりのゴール

2020.6.1

2079日ぶりのゴール

マルセル・シュメルツァーにとっては忘れられない一夜になった。アウェーで 続きを読む>>