ニュース

2015.8.3

U-19チーム、決勝で不運にも敗戦

U-19チーム、決勝で不運にも敗戦

ボルシア・ドルトムントU-19チームは1FCケルンとのエボニック・ルールカップ・インターナショナル決勝を0-1で落とし、連勝がストップした。2100人が集まったローテ・エルデ・シュタディオンで、ケルンのヤニク・マウゼがBVBのGKドミニク・ライマンのミスを突き、試合唯一のゴールを奪った。ヤコブ・ブルーンは同点ゴールに迫ったものの、ケルンのGKヤニク・タイセンの好セーブに阻まれてしまった。

 

BVBのハネス・ボルフ監督は、最近の過密日程を考慮してプリシッチ、ブルニッチ、ザラ、アイドアン、シューマッハーといった主力を前半温存。パスラックは戦列に戻って来たものの、チームは約80分にわたり攻撃の形をうまくつくれず苦戦した。ケルンは賢明に守り、BVBにスペースを与えなかった。BVBは試合を支配しているように見えたが、後半に入ってからチャンスらしいチャンスをつくれなかった。

 

 

ユース育成の責任者であるラース・リッケンは、次のように認めた。「ケルンは守備で非常にいい仕事をしていた。グループステージと準決勝で立て続けに5試合を消化したあとで疲れが残っていたため、攻勢を最大限に生かせなかった。だが、リーグ再開前のテストマッチとして理想的な難しい試合だった。大会全体では、非常にいいサッカーができたと思う」

 

来週日曜日の8月9日、BVBのU-19チームはブラッケル練習場で今季最初の公式戦となる1FSVマインツ05とのDFBポカール1回戦に臨む。

 

文:ビルフリート・ビッケ

 

【関連記事】
U-23チーム、レギオナルリーガで再出発

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>