ニュース

2017.12.7

U-19、マドリーに敗れてユースリーグ敗退

U-19、マドリーに敗れてユースリーグ敗退

ボルシア・ドルトムントのU-19チームはUEFAユースリーグ・グループステージ最終節でレアル・マドリーに1-2と敗北。同じグループのトッテナム・ホットスパーがアポエルに4-1と勝利したため、ベンヤミン・ホフマン監督率いるチームはマドリー、トッテナムに続くグループ3位で大会から姿を消すことになった。

 

エスタディオ・アルフレド・ディ・ステファノでの試合は、アウェーのBVBがジェイドン・サンチョのPKで15分に先制。しかし主導権はマドリーが握り、23分にオスカルのFKで同点に追いつくと、73分にダニ・ゴメスが逆転ゴールを挙げ、ホームチームを逆転勝利に導いた。

 

これでBVBは国内戦に集中することになる。Aジュニア・ブンデスリーガの次節は10日で、SCパーダーボルンをNLZブラッケルに迎える(日本時間19時キックオフ)。

 

【関連記事】
U-19もトッテナムに敗れ、16強進出はお預け

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ブリュージュ戦をスタジアムで観よう

2018.11.15

ブリュージュ戦をスタジアムで観よう

ブンデスリーガ・ 続きを読む>>

サンチョとプリシッチが代表戦で激突

2018.11.13

サンチョとプリシッチが代表戦で激突

ブンデスリーガは今シーズン3度目のインターナショナルマッチウィークで2週間の中断に入る。ボルシア・ドルトムントのファーストチームからは13選手が各国代表に招集された。 続きを読む>>

敵地ロッテで親善試合

2018.11.13

敵地ロッテで親善試合

ボルシア・ドルトムントは代表戦による中断期間中の16日、3部リーグのシュポルトフロインデ・ロッテとフリモ・シュタディオンで親善試合を行うことになった。この試合は中央欧州標準時 続きを読む>>