ニュース

2017.6.7

MFマキシミリアン・フィリップも獲得

MFマキシミリアン・フィリップも獲得

ボルシア・ドルトムントはエメル・トプラク(バイヤー・レバークーゼン)、マフムート・ダフート(ボルシア・メンヘングラットバッハ)、ダン=アクセル・ザガドゥ(パリ・サンジェルマン)に続く4人目の新戦力として、SCフライブルクからマキシミリアン・フィリップを獲得した。

 

23歳の攻撃的MFは、DFBポカール王者で来シーズンのチャンピオンズリーグに出場するBVBと、2022年6月30日までの5年契約を結んだ。スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは次のように話した。「ドイツ国内だけでなく海外のクラブも高い関心を示していたマキシミリアン・フィリップの移籍をまとめることができて非常に満足している。彼は万能性が高く、攻撃的MFとしてプレーしながら、いいシュートも打てる。その将来は明るいだろう」

 

現在フィリップは6月16日から30日までポーランドで行われるU-21欧州選手権に備え、U-21ドイツ代表チームに帯同している。BVBには大会最後の試合を終えてから3週間後に合流する予定だ。「BVBは世界屈指のビッグクラブ。そこでプレーできることは僕にとって大きな名誉だ。今23歳だけど、十分に成熟していると思っているし、この新たなステップも早すぎるということはない。ドルトムントで選手として成長したい」とコメントしたフィリップは、早くも“黄色の壁”を楽しみにしているようだ。「あれは本当に相手チームを怖がらせる。今後はあそこにいるファンのために、彼らの絶対的なサポートを得てプレーすることになるから楽しみだよ」

 

ベルリン出身で身長184センチのフィリップは、2013年1月からフライブルクに在籍。2014年4月にブンデスリーガでデビューを果たすと、1部と2部を合わせて通算81試合に出場し、18ゴール24アシストを記録した。昨シーズンはトップチームで24試合に出場し、9ゴール3アシストを決めている。

 

【関連記事】
ボルシア・ドルトムントがザガドゥを獲得
メンヘングラットバッハからMFダフートを獲得
エメル・トプラクが来季からBVBに加入

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23チームは追いついて2-2のドロー

2017.10.22

U-23チームは追いついて2-2のドロー

ファーストチームが2点をリードしながらも2-2に追いつかれた一方、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはレギオナルリーガ西部の試合でブッパーターラーSVに対して2点ビハイン 続きを読む>>

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

2017.10.22

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

コメルツバンク=アレーナでの白熱の後半、シュート数は両チーム合わせて25本(ボルシア・ドルトムントが13本、アイントラハト・フランクフルトが12本)に達し、前半または後半のシ 続きを読む>>

スボティッチ:「結果には満足していない…」

2017.10.22

スボティッチ:「結果には満足していない…」

アイントラハト・フランクフルトと 続きを読む>>