ニュース

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間にさまざまなスポーツを楽しめるような校庭づくりだが、2018年の末にその第一歩が実現した。BVB財団「ロイヒテ・アウフ」の寄付により、新しいサッカーゴールが導入されたのだ。

 

 

学校が重要視しているのは、あくまでも生徒の希望を考慮して校庭を整備すること。約740人の生徒を対象に調査を行った結果、特にスポーツ活動に関する要望が高いことがわかった。今回導入されたサッカーゴールは、ランチ休憩時だけでなく、生徒の待ち合わせ場所など課外活動でも利用されるようになることが期待されている。そうなると近いうちに校庭全体が改修されることが望ましい。

 

生徒たちはプロジェクトの実行段階にも直接かかわった。そもそもこのプランの必要性が認識されたのも、ルイス・クルーゼ君が代表を務める生徒会の働きによるところが大きい。

 

BVBの財団「ロイヒテ・アウフ」は同プロジェクトに6740ユーロ(約84万円)を寄付。バスケットボールのリングと一体になった新しいサッカーゴールを提供した。これでテオドア・ホイス・ギムナジウムの生徒たちは、サッカーとバスケットボールの両方を楽しめることになる。色はもちろんBVBカラーのブラック&イエロー。校庭でもひときわ目を引くことは間違いない。

 

新しいゴールを手に入れた同校は、続いて校庭の地面の整備を目指している。

 

「ロイヒテ・アウフ」についての詳細情報はこちら(ドイツ語のみ)
www.bvb.de/stiftung

www.facebook.com/leuchteauf

 

 

【関連記事】
「ロイヒテ・アウフ」がストリートワーカー・カフェを支援
「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>