ニュース

2019.8.15

BVB財団、乳児用寝袋の寄付を継続

BVB財団、乳児用寝袋の寄付を継続

ボルシア・ドルトムントの財団「ロイヒテ・アウフ(ライトアップの意味)」が行っている社会貢献において、「健康」は重要なトピックの1つとなっている。現在、このトピックに従って財団がサポートしているのは、社会で最も小さな構成員、ドルトムント・クリニックおよびベストファーレン病院で生まれた赤ちゃんたちだ。

 

毎年、両病院合わせて2000以上の家族が新しいファミリーメンバーを迎えているが、数年前から、そこで生まれた子供たちはBVBカラーであるブラック&イエローの乳児用寝袋で人生をスタートさせている。

 

病院が親たちに無料で乳児用寝袋をプレゼントするのには大事な理由がある。この寝袋を使えば、乳幼児突然死のリスクを減らすことができるのだ。ロベルト・コッホ研究所によると、0歳児、特に生後2カ月から4カ月の赤ちゃんの死亡原因で最も多いのがこの睡眠中の突然死だという。そしてそのリスクは、ブランケットをかけて寝ている場合に著しく高まる。なぜならブランケットは寝袋とは違い、赤ちゃんの呼吸を妨げる危険性があるからだ。

 

「乳幼児突然死を防ぐことは、我々にとっても依然として重要なこと。そのため、今回もドルトムントの2つの病院に乳児用寝袋を大量に寄付することに決めた」と財団のトーマス・クラインは説明した。

 

 

「ロイヒテ・アウフ」は両病院に合計2500枚の寝袋を寄付。財団としては特に乳児用品を買うのが困難な、経済的に恵まれていない家族がその恩恵に預かることを願っている。

 

「ロイヒテ・アウフ」財団については以下リンクへ
www.bvb.de/stiftung
www.facebook.com/leuchteauf

 

【関連記事】
移籍金収入を含めない収益は過去最高
「ロイヒテ・アウフ」の支援で幼稚園に新たな遊具
「ブラック&イエローファミリー」プロジェクト

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス、通算50点目の先制ゴール

2019.12.15

ロイス、通算50点目の先制ゴール

1FSVマインツ05は後半からよりアグレッシブなプレーを見せたが、大きく空くようになったスペースを容赦なく使われる結果となった。一方のボルシア・ドルトムントは、前半のシュート 続きを読む>>

「ここから積み上げていく」

2019.12.15

「ここから積み上げていく」

1FSVマインツ05を4-0で下した試合後、Skyのインタビューに応じたキャプテンのマルコ・ロイスは、この日のチームパフォーマンスを称賛。ユリアン・バイグルは、この数週間で内 続きを読む>>

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

2019.12.15

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

ルシアン・ファブレ監督は来週火曜の夜にボルシア・ドルトムントの指揮官として50回目のブンデスリーガの試合に臨む。これまで、1試合平均2.14ポイントという目覚ましい成績を残し 続きを読む>>