ニュース

2020.1.7

BVBの元GKティルコフスキが死去

BVBの元GKティルコフスキが死去

ボルシア・ドルトムントの偉大なるレジェンドの一人、ハンス・ティルコフスキが5日、長い闘病生活の末、家族に見守られながら亡くなった。84歳だった。

 

ティルコフスキは1965年のDFBポカールおよび1966年の欧州カップウィナーズカップの優勝メンバー。ただその名は、サッカー史上最も有名とも言えるゴール、ティルコフスキが西ドイツ代表のゴールキーパーとして出場した1966年のワールドカップ・イングランド大会決勝で、101分にイングランドのFWジェフ・ハーストが決めた疑惑のゴールと共に記憶されることになるだろう。

 

「ハンス・ティルコフスキはとてつもなく大きな成功を収めた、非の打ちどころのないスポーツマンで、社会貢献活動にも力を注いだ人物だった」。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは、BVBの伝説となった守護神について、そうコメント。さらにラインハルト・ラウバル会長は次のように話した。「ハンス・ティルコフスキの死去により、ドイツ・サッカー界は世界的に高く評価されたスポーツマンの一人を失ったことになる。ボルシア・ドルトムントでは1966年にリバプールを下し、ドイツのチームとして初めて欧州の頂点に立つという歴史を作った。ティルコフスキは決勝だけでなく、そこまでのラウンドでもセーブを連発して勝利に大きく貢献した。BVBファミリーはこの素晴らしい人物を失った悲しみに包まれている。ご家族には心から哀悼の意を表したい」

 

ボルシア・ドルトムントはティルコフスキの死を悼み、7日午後に行われるスタンダール・リエージュとのテストマッチで喪章をつけてプレー。さらにブンデスリーガ後半戦最初のホームゲームとなる1月24日のケルン戦では、試合前に1分間の黙祷を捧げる。

 

【関連記事】
疑惑のゴールとBVBのW杯優勝メンバー
伝説のGKティルコフスキが80歳に!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2020.8.9

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2015年7月6日、ボルシア・ドルトムントが東京に降り立った。羽田空港では約1000人のファンがチームを熱烈に出迎え、選手たちもサインや写真撮影などのファンサービスに応じた。 続きを読む>>

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

2020.8.9

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

新戦力DFトーマス・ムニエは早くも練習でその高い集中力とエネルギッシュなチェイス、正確なタックルを見せている。ピッチ上の自らを働き者と形容す 続きを読む>>

トビアス・ラシュル:大舞台へ

2020.8.8

トビアス・ラシュル:大舞台へ

黒黄軍団の2019/20シーズン最初のゴールを決めた11か月後、トビアス・ラシュルは波乱に満ちたシーズン最後の交代選手としてピッチに立った。 続きを読む>>