ニュース

2019.5.23

BVBにブラントが加入

BVBにブラントが加入

ボルシア・ドルトムントは新シーズンへの補強を進め、同じブンデスリーガのバイヤー04レバークーゼンからドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)を獲得した。契約期間は2024年6月30日まで。

 

BVBスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは次のように語った。「ユリアン・ブラントはブンデスリーガで数年間プレーしており、国内外で豊富な経験を積んでいるが、まだ23歳と若く、さらなる成長に大きな可能性を秘めている選手だ。複数の攻撃的なポジションを務められる上、持ち前の創造性で我々のサッカーをさらに高めてくれるものと期待している」

 

ブレーメン出身のブラントは、17歳の若さでブンデスリーガにデビュー。これまで165試合に出場し、34ゴール41アシストを記録している。昨シーズンはゴールとアシストを合わせたスコアラーポイントでリーグ9位の好成績をマークし、スプリントのスピードと回数でも上位に名を連ねるなど、ドイツで最も活躍したプロ選手の1人として評価されていた。UEFAチャンピオンズリーグでも計15試合に出場している。

 

「意欲と自信に満ちている」

 

ブラントは「何かを決める時には、直感やフィーリングを大切にするタイプ」と語り、「ボルシア・ドルトムントについても、すごくいいフィーリングを持っている」と付け加えた。「一選手として成長し続けたいと思っているし、それが移籍を決断した主な理由でもある。昨シーズンのBVBは、あと一歩のところで優勝を逃してしまった。つまり伸びしろがあるということだし、新たなチームメートに対しても期待感しかない。自分自身の成長だけでなく、チームとしても成長できるという意欲と自信に満ちている」

 

両クラブ間で細部に合意でき次第、移籍が正式に決定する。

 

【関連記事】
トルガン・アザールと契約
ニコ・シュルツを獲得

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「多くの収穫が得られた後半」

2019.9.18

「多くの収穫が得られた後半」

FCバルセロナと 続きを読む>>

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

2019.9.18

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

バルセロナ戦の試合後、Skyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、自らのPK失敗を悔やみ、その他多くの好機を逃してしまったことにも不満を示した。マッツ・フンメルスも同意見だ 続きを読む>>

フンメルスがタックルで全勝

2019.9.18

フンメルスがタックルで全勝

ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナのゴールに14本のシュートを浴びせたが、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの前に沈黙。マッツ・フンメルスはUEFAチャンピオンズリ 続きを読む>>