ニュース

2013.8.8

BVBとセレッソ、親善試合で絆深まる

BVBとセレッソ、親善試合で絆深まる

ボルシア・ドルトムントにとって6日は慌ただしい一日となった。この日はトップチームが今季初の公開練習に汗を流す一方、リザーブチームも日本の友人と対戦。ボルシア・ドルトムントのユースチームがトレーニンググラウンドで顔を合わせたのは、元BVBのスター、香川真司がかつて在籍したセレッソ大阪のU-19チームだ。

 

試合はセレッソが4-2で勝利を収めたが、両クラブの親睦を深め、サッカーのレベルを比較するという目的を考えれば、結果はあまり重要ではない。BVBをサポートする日本企業、ヤンマー社の協賛で実現した試合は今回で2度目。BVBのマーケティングディレクター、カルステン・クラマーは次のようにコメントした。「ヤンマー社の協力により、2012年夏に続いてセレッソ大阪のユースチームをお迎えすることができた。また、8月12日からスタートするエボニック・サッカースクールにより、BVBと日本の絆はさらに強固なものとなる」

 

セレッソ一行は翌7日、BVBの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクを訪れ、ドイツ最大のスタジアムを見学した。BVBとセレッソ大阪の顔合わせは、間違いなく今後も続いていくことになるだろう。

 

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>