ニュース

2019.8.4

BVBが2019スーパーカップを制覇

BVBが2019スーパーカップを制覇

ボルシア・ドルトムントがFCバイエルン・ミュンヘンに2-0(前半0-0)で快勝し、2019年のスーパーカップを獲得した。激しいながらも魅力的なサッカーが繰り広げられた試合で、パコ・アルカセルとジェイドン・サンチョが得点を記録。ブラック&イエローは1989、1995、1996、2008、2013、2014年に続いて7度目の優勝を成し遂げた。

 

BVBは午前中の練習で筋肉に軽い違和感を覚えたマッツ・フンメルスに加え、負傷のロマン・ビュルキ(すねの裂傷)、マテウ・モレイ(肩の脱臼)、ユリアン・ブラント(内転筋の違和感)、トルガン・アザール(足首の負傷)らが欠場。ブラントとアザールは練習を再開しているが、コンディションが整っていないとの判断で大事をとった。つまり、今夏に加入した5人のうちピッチに立ったのは、左サイドバックのニコ・シュルツだけになった。

 

試合はキックオフ直後から白熱し、BVBはハイスピードなカウンターで観客の目を釘付けにする。高い位置から積極的にプレスをかけてくるバイエルンに対し、BVBは空いたスペースを有効活用して20分までに3回の決定機を迎えた。最初のチャンスは試合開始直後。アルカセルがジューレからボールを奪うと、パスを受けたラファエウ・ゲレイロがライン際まで運んでからクロス。ゴール前に駆け上がっていたマルコ・ロイスが鋭いシュートを放つも、これはノイアーにセーブされた。次にBVBがゴールを脅かしたのは15分。アルカセルがサンチョからの正確なロングパスをうまく収めると、ノイアーが飛び出していたためゴール前30メートル付近からシュート。残念ながらこの一撃はわずかにポストの外側へ流れてしまう。さらに20分、3度目のチャンスは4-2-3-1の2、守備的ミッドフィルダーの位置に並んだアクセル・ビツェルとユリアン・バイグルのコンビがつくり出したが、ゲレイロのシュートはノイアーの足に止められた。

 

前半はバイエルンが優勢

 

それでもなお、再三チャンスをつくって前半を押し気味に進めていたのは、ボール支配率(59%)でもBVBを上回ったバイエルンだった。18分にはBVBのGKマルビン・ヒッツがレバンドフスキのシュートをコーナーキックへ逃れ、23分にはエメル・トプラクとヒッツの連係でコマンの得点を阻む。BVBが20分までに3回ゴールを脅かしたとはいえ、総体的に判断すれば前半はバイエルン優位の印象だった。

 

後半立ち上がりも前半と同じ流れになり、先にゴールを脅かしたのはやはりBVBだったが、今回はこのチャンスから先制点が生まれる。ハーフウェーライン付近でボールを奪ったサンチョがペナルティーエリア端付近まで持ち込むと、相手ディフェンスの意識を引き付けてからアルカセルに横パス。このスペイン人フォワードのシュートはトリソの股間を抜け、そのままネットに吸い込まれた(48分)。リードを許したバイエルンも反撃に転じたが、ミュラーのミドルシュートはヒッツが見事にセーブ(55分)。さらにレバンドフスキのシュートも止めたヒッツは、アカンジ、そしてトプラクとの連係でコマンの同点ゴールを阻んだ(58分)。

 

先制点をアシストしたサンチョが追加点

 

BVBは69分、自陣ペナルティーエリア内でトプラクがクリアしたボールを起点に追加点を挙げる。素早いカウンターからゲレイロが鮮やかなアウトサイドパスでバイエルン守備陣を切り崩すと、右サイドを駆け上がったサンチョがゴール前8メートル付近からシュート。これがノイアーの足下を破り、BVBがリードを2点に広げた。

 

BVB:ヒッツ – ピシュチェク(ボルフ 80分)、アカンジ、トプラク、シュルツ – バイグル、ビツェル – サンチョ(ブルーン・ラーセン 81分)、ロイス、ゲレイロ(ハキミ 74分) -アルカセル
ゴール:アルカセル(サンチョ 48分)、サンチョ(ゲレイロ 69分)
観客数:8万1365人(チケット完売) 主審:ジーベルト(ベルリン)

 

BVBが新シーズン最初のタイトルを獲得した試合を写真で振り返るにはこちらから

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
またもゴールラッシュでザンクト・ガレンに快勝
チューリヒに6-0の大勝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アウクスブルク戦の予想スタメン

2019.8.16

アウクスブルク戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第1節でFCアウクスブルクを本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間22時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバ 続きを読む>>

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019.8.16

コムディレクトが新バンキングパートナーに

2019-20シーズンのブンデスリーガ開幕に先立ち、ボルシア・ドルトムントはドイツのオンラインバンク、コムディレクト銀行とバンキングパートナー契約を結んだ。長期に及ぶ両者の協 続きを読む>>

「簡単な相手などいない!」

2019.8.16

「簡単な相手などいない!」

ブンデスリーガがいよいよ開幕 ―― 新シーズン初戦を控えるボルシア・ドルトムントに朗報が届き、マテウ・モレイとラファエウ・ゲレイロを除くファーストチームの全選手がプレー可能な 続きを読む>>