ニュース

2013.1.4

BVBがシーズン後半戦に向けて準備開始

BVBがシーズン後半戦に向けて準備開始

5選手がフィットネステストを欠席

 

ボルシア・ドルトムントが3日、シーズン後半戦に向けて始動。まずBVBの室内トラック、ヘルムート・ケーニヒ・ハレで乳酸値測定が行われたが、スベン・ベンダー(筋肉の問題)、クリス・レーベ(そけい部の手術)、パトリック・オボモイエラ(足の手術)、さらにウカシュ・ピシュチェクとレオナルド・ビッテンコート(共に風邪)の5選手はこのテストに参加できなかった。

 

トラックを走るスボティッチ、ギュンドアン、ケール、ブワシュチコフスキ、ロイス[写真:firo]

 

しかしユルゲン・クロップ監督は、オボモイエラ以外の選手は5日から始まるスペインでの合宿に参加できると見ている。「ウインターブレーク前の調子を維持したい。完璧ではなかった部分に取り組むことが目標だ」と話したクロップ監督は、前半戦の戦いにおおむね満足している。「(後半戦に向けて)基盤はつくった。我々はここまで少しずつ調子を取り戻してきた。今回もそうなると信じているよ」

 

耳から採血を受けるロイス

 

乳酸値測定のフィットネステストでは、3分間走を6本、それぞれ時速10、12、14、16、18、20キロとスピードを変えて実施。選手たちは毎回、最後は全力疾走することが求められ、走り終わった直後とインターバル中にザールブリュッケンのスポーツ科学者チームが耳から採血を行った。

 

科学者たちはこの血液サンプルから乳酸の蓄積を測定。血中乳酸値が高いと、激しい運動のあとに筋肉が十分にエネルギーを作り出せていないサインとなり、その結果、血液の酸性化が進み、最悪の場合は筋肉の機能停止に至る。検査結果は数日中に出ることになっており、クラブのコーチ陣はその結果に基づいて、各選手に適した運動プランを立てることになる。

 

ザールブリュッケンのスポーツ科学者チーム

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

2019.3.23

ゲッツェ、アルカセル、ビツェルが練習に復帰

代表マッチウィーク中のためトップチームには10人にも満たない選手しか残っていないが、だからといって練習の強度が落ちるわけではない。22日のセッションでは選手一人一人にフォーカ 続きを読む>>

リーグ戦の全試合時間が確定

2019.3.20

リーグ戦の全試合時間が確定

ドイツ・サッカーリーグ(DFL)が2018-19シーズンのブンデスリーガ第29節から第32節の試合日程を発表。ジグナル・イドゥナ・パルクでの大一番、FCシャルケ04とのレビア 続きを読む>>

戻ってきた高揚感と優勝への自信

2019.3.18

戻ってきた高揚感と優勝への自信

「我らが人生のすべて、我らが誇りのすべて、それはBVBだけ!」。夜9時、試合終了の笛が吹かれてからだいぶたっていたが、ベルリンのオリンピアシュタディオンではまだBVBサポーターたちが歌い踊っ 続きを読む>>