ニュース

2018.2.11

BVB、ホーム通算500勝を達成

BVB、ホーム通算500勝を達成

ボルシア・ドルトムントがハンブルガーSVを2-0で下し、ブンデスリーガでホーム通算500勝に到達。過去にこの快挙を達成しているのは、FCバイエルン・ミュンヘン、SVベルダー・ブレーメン、VfBシュツットガルト、ハンブルクしかいない。

 

無敗を継続:BVBはペーター・シュテーガー監督が就任して以降、ブンデスリーガで7試合無敗を維持し、最大21ポイント獲得できる勝ち点のうち15ポイントを積み上げている。

 

連勝:BVBがリーグ戦でハンブルクに5連勝したのは今回が初めて。

 

久々のコラボ:BVBがアディショナルタイムに奪った2点目は、アンドレ・シュールレのアシストでマリオ・ゲッツェが決めたもの。2014年ワールドカップ決勝でドイツに決勝点をもたらした両選手の連係からリーグ戦でゴールが生まれたのは、これが初めてだった。また、ゲッツェはブンデスリーガのハンブルク戦でチーム最多得点(7ゴール)を誇る。

 

 

戦列復帰:DFBポカール決勝のアイントラハト・フランクフルト戦で十字靭帯を断裂したマルコ・ロイスが259日ぶりの戦列復帰を果たした。この日のロイスは1本もシュートを撃てなかったが、シュート機会をつくった回数がチーム最多(4回)を記録した。

 

上々のデビュー:DFマヌエル・アカンジが移籍後初先発を果たし、75%のボール奪取率を記録した。

 

スーパーサブ:ゲッツェの追加点は、BVBの途中出場選手が今シーズンのリーグ戦で初めて挙げた得点だった。

 

 

【関連記事】
2-0:ハンブルク破り連勝、バチュアイが再び得点
ロイス:「勝ち点3を獲得することが大切」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>