ニュース

2016.9.26

BVB、ホームではレアルを圧倒

BVB、ホームではレアルを圧倒

日本時間28日3時45分にキックオフを迎えるUEFAチャンピオンズリーグ・グループF第2節のレアル・マドリー戦に向け、ドルトムントの街は徐々に熱気を帯び始めてきた。スペインのチームに地元で4連勝中のボルシア・ドルトムントは、これまでレアル・マドリーにホームで3勝2分けと無敗を維持している。この試合の注目すべきデータを以下にまとめた。

 

• レアル・マドリーはドルトムントで勝利を収めたことがなく、最初の2試合を引き分けたあとに3連敗を喫している。
• 両チームが前回顔を合わせたのは2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝。2試合合計3-2で競り勝ったレアル・マドリーは最終的に栄冠を手に入れた。
• 2012-13シーズンのグループステージでは、BVBがレアル・マドリーにホームで2-1と勝利。BVBではロベルト・レバンドフスキとマルセル・シュメルツァーが、レアル・マドリーではクリスチアーノ・ロナウドがネットを揺らした。続くマドリードでの再戦は2-2の引き分けで終了。最終的にBVBが首位、レアル・マドリーが2位で決勝トーナメントへ勝ち進んだ。
• 両チームは同シーズンの準決勝でも対戦し、BVBがレバンドフスキの4ゴールによりホームで4-1と快勝。敵地マドリードではカリム・ベンゼマとセルヒオ・ラモスのゴールで0-2と敗れたが、ブラック&イエローが決勝へ勝ち上がった。
• 同じく両チームが顔を合わせた2002-03シーズンのグループステージで試合に出場し、現在もBVBのメンバーに名を連ねているのはロマン・バイデンフェラーだけ。このときにはレアル・マドリーが本拠地サンティアゴ・ベルナベウで2-1の勝利を収めたが、ドルトムントでの試合を1-1で引き分けた。現レアル・マドリー監督のジネディーヌ・ジダンは、この2試合に出場している。
• BVBスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクとユースコーディネーターのラース・リッケンは、1997-98シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーに敗れたBVBのメンバー。アウェーで0-2の敗北を喫したあと、ホームで1-1のドローを演じている。


ボルシア・ドルトムント
• 2015-16シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは、ホームで1試合平均3得点を記録。通算では6勝1分け1敗、24得点5失点の成績を残した。
• スペイン勢に対し、ホームで7勝3分け2敗と勝ち越している。

 

レアル・マドリー
• 第1節ではスポルティング・リスボンに2-1で逆転勝利。終了間際にロナウド(89分)とアルバロ・モラタ(90+4分)がゴールを奪った。
• ドイツ勢に対し、アウェーでの29試合で4勝6分け19敗と大きく負け越している。
• 公式戦で19試合無敗を継続中。最後に敗れたのは2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝で、VfLボルフスブルクに敵地で0-2の敗北を喫した。
• ジダン監督は現役時代、ユベントスの一員として1996-97シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でBVBと対戦し、1-3で敗れている。
• BVBのヌリ・シャヒンは2011-12シーズンをレアル・マドリーで過ごし、計12試合に出場した。

 

【関連記事】
帰って来たゲッツェ:「今は最高に幸せ」

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

2017.5.29

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

続きを読む>>

ロイスは十字靭帯の部分断裂

2017.5.29

ロイスは十字靭帯の部分断裂

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表マルコ・ロイスは、27日にベルリンのオリンピアシュタディオンで行われた 続きを読む>>

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

2017.5.29

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

土曜の夜、マルセル・シュメルツァーはアルフレート・シュミット(1965年)、ミヒャエル・ツォルク(1989年)、セバスティアン・ケール(2012年)に続き、ボルシア・ドルトムントでDFBポカ 続きを読む>>