ニュース

2017.5.30

BVB、トゥヘル監督との契約を解除

BVB、トゥヘル監督との契約を解除

ボルシア・ドルトムントは、トーマス・トゥヘル監督との契約を解除した。この決断はハンス=ヨアヒム・バツケCEOとスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク、そしてトーマス・トゥヘル監督とそのアドバイザーであるオラフ・マインキング氏の間で30日に行われた話し合いを基に下された。

 

27日にベルリンでアイントラハト・フランクフルトを下して成し遂げたDFBポカール優勝を筆頭に、BVBに競技面での成功をもたらしてくれたトーマス・トゥヘル監督とコーチ陣には、クラブから感謝の意を表したい。我々はトーマス・トゥヘル監督の今後のプロキャリアにおける成功を心から願っている。

 

ボルシア・ドルトムントは雇用主として、今回の契約解除の理由に関して詳細を明かすつもりはない。これは長いプロセスを経て、クラブの全委員会のサポートを得て決定されたことである。関係者全員のために、我々は噂や根拠のない情報を基に何らかの結論を導き出すことを望んでいない。どうかその点をご理解いただきたい。

 

BVBは、2人の人物の意見の相違が今回の契約解除につながったわけではないことを強調したい。単なるスポーツ面での成功にとどまらない、ボルシア・ドルトムントというクラブの利益が、個人や個人間に存在しうる意見の相違よりも常に優先されるのだということをここに記しておく。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>