ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.11.6

5-2:オーバの4発などでHSVに快勝

5-2:オーバの4発などでHSVに快勝

ボルシア・ドルトムントはハンブルクの本拠地フォルクスパルクシュタディオンで2012年1月以来となる勝利を収めた。しかも見事なパフォーマンスで! ブラック&イエローは代表マッチウィークに入る前最後の試合で、ブンデスリーガでの最近の不調から抜け出し、5-2と快勝。ピエール=エメリク・オーバメヤンが“完璧なハットトリック(*)を含めて4ゴールを挙げ、文句なしでマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

 

スタジアムを埋め尽くした5万7000人の観客は試合前、全員がハンブルガーSV、そしてこの日80歳の誕生日を迎えたドイツ・サッカー界のレジェンド、ウーベ・ゼーラー氏をたたえるチャントを歌った。しかしホームチームにとっては結局それがこの日のハイライトとなり、試合が始まるとBVBが完全に圧倒。立ち上がりから容赦なく相手守備陣のミスをつき、オーバメヤンが4分、23分、27分と一気に3ゴールを奪って前半でほぼ勝負をつけた。オーバメヤンは後半に入ってすぐの48分にも1点を追加したほか、76分にはウスマヌ・デンベレの5点目をアシスト。55分にミュラーが決めてスコアを4-1としていたHSVは、81分にもう1点返して5-2とするのが精一杯だった。

 

レポート:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

戦前の状況:
BVBとHSVの対戦は今回が112回目。過去の戦績はほぼ互角で、BVBが42勝、HSVが41勝、残り28試合が引き分けとなっていた。しかしここ10年、ハンブルクはBVBにとって苦手な相手であり、特にドイツ北部の敵地では2012年1月に5-1と圧勝したのが唯一の勝利だった。

 

すべての試合映像はBVBtotal!で視聴可能

 

BVBの2点目を喜び合うオーバメヤンとモル

 

チーム情報:
故障者問題は続いているが、トーマス・トゥヘル監督はスポルティングに競り勝った週半ばの試合からスタメン4人を変更。マリオ・ゲッツェ、ユリアン・バイグル、アドリアン・ラモス、デンベレに代えてオーバメヤン、エムレ・モル、セバスティアン・ローデ、ウカシュ・ピシュチェクを起用した。マルセル・シュメルツァー、マルコ・ロイス(コンディション不足)、スベン・ベンダー(骨髄浮腫)、エリック・ドゥルム、ネベン・スボティッチ(共にリハビリ中)、ヌリ・シャヒン(胃腸炎)は欠場。対するハンブルクは、ウッド(出場停止)とヒルツェル(靭帯断裂)を欠いて臨んだ。

 

戦術:
両チームとも5-2-3のフォーメーションを採用。しかしBVBのほうが攻撃的で、ボールを持ったときはピシュチェク、ラファエウ・ゲレイロの両SBがハンブルク陣地の奥深くまで上がっていき、マティアス・ギンターとマルク・バルトラもソクラティスより前に出た。ローデとゴンサロ・カストロは中盤の中央でビルドアップを担当。前線ではオーバメヤンの右にモル、左にクリスティアン・プリシッチが入った。しかしモルもプリシッチもサイドに張るのでなく、中に切れ込んでSBの上がるスペースをつくっていた。ホームチームは30分に戦術を変更。ユング、スパヒッチ、ジュルーの3バックとし、ディークマイアーとサントスは守備時のみ後ろに下がった。エクダールは途中出場で中盤の底に入り、守備的な役割を担った。

 

試合の展開と分析:
BVBは最高のスタートを切った。この日初めて効果的な攻撃を繰り出した4分、左サイドを駆け上がったプリシッチがゲレイロのパスを受けると、折り返しに合わせたモルがゴール前11メートルからシュート。トルコ代表の新鋭は正確にミートできなかったが、アドラーがはじいたボールをオーバメヤンが至近距離から押し込んだ。敵地に乗り込んだ8000人のBVBサポーターにとっては、まさに願い通りの立ち上がりに。ブラック&イエローはその後も攻撃の手を緩めず、危ない場面もないまま27分にはスコアを3-0としていた。

 

オーバメヤンが前半だけでハットトリック

 

集中力を欠いたハンブルク守備陣に対し、トゥヘル監督率いるチームは完全に主導権を掌握。ドグラス・サントスからジュルーへのバックパスをモルが奪い、そのまま持ち上がってから完璧なタイミングでオーバメヤンへパス。このガボン代表FWはまたしてもシンプルに押し込むだけでよかった(23分)。さらにその4分後、今度はアドラーの大きなクリアをバルトラが頭ではね返すと、このボールを拾ったオーバメヤンが独走。アドラーの腕をかすめたシュートがゴール右隅に決まった(27分)。その直前にはプリシッチも決定機を迎えていたが、ゴール前15メートルからのシュートはクロスバーを越えていた。

 

ツォルク以来の1試合4得点

 

立て続けに3点を連取したオーバメヤン1人に翻弄されたハンブルクは、早くも30分にクレベルをエクダールに交代。前半の残り15分間にややペースを落としたBVBに対し、HSVは2度ほどゴールを脅かしたが、40分と45分にミュラーが放ったヘディングシュートも得点には至らなかった。

 

開始早々の4分に均衡を破ったオーバメヤン

 

BVBとオーバメヤンの勢いは後半に入っても変わらない。48分にはプリシッチがペナルティーエリア端付近でボールを奪い、パスを受けたオーバメヤンがシュート。これがゴール左下隅に突き刺さり、BVBのリードが4-0に広がる。BVBの選手が1試合4ゴールを記録したのは、1988年のミヒャエル・ツォルク以来となった。オーバメヤンはその1分後にも単独で抜け出したが、間合いを詰めたアドラーにコースを限定され、シュートをわずかにゴール横へ外してしまった。

 

デンベレがとどめの5点目

 

とはいえ、ハンブルクも戦意を完全に失っていたわけではなく、55分にはミュラーのゴールで1点を返す。HSVで唯一闘志をむき出しにしていたミュラーは、58分にもバルトシュミットのCKからサイドネットの外側を揺らした(58分)。さらにホームチームはその直後、またしてもBVBのゴールを破ったかと思われたが、その前にグレゴリチュがギンターにファウルを犯したとの判定で得点を認められない。だが息を吹き返したHSVに押し込まれ、BVBにとっては苦しい時間帯だった。

 

しかし、勢いづくハンブルクに引導を渡したのは途中出場のデンベレだった。オーバメヤンのアシストでチャンスを迎えると、ファーサイドを狙ったシュートでスコアを5-1とした(76分)。BVBはその直後にミュラーの2点目を許したが、多勢に影響はなし。シュールレが6点目を奪っていてもおかしくなかったが、11メートルの距離から狙った一撃はゴール横へ流れた(84分)。

 

試合後の反応やインタビューもBVBtotal!で視聴可能

 

 

 

 

出場メンバー&ゴール
2016年11月5日(土) ブンデスリーガ第10節
ハンブルガーSV 2-5(前半0-3) ボルシア・ドルトムント

 

ハンブルガーSV:アドラー;ディークマイアー(69分 フント)、クレベル(31分 エクダール)、スパヒッチ、ジュルー、サントス;酒井、ユング;ミュラー、グレゴリチュ;ラソッガ(53分 バルトシュミット)
ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ピシュチェク、ギンター、ソクラティス(81分 パスラック)、バルトラ、ゲレイロ);カストロ、ローデ;モル(69分 デンベレ)、オーバメヤン、プリシッチ(69分 シュールレ)
ベンチ:マテニア、ホルトビー、コスティッチ、オストルツォレク(HSV);バイデンフェラー、ゲッツェ、ラモス、バイグル
ゴール:オーバメヤン(4分 モル)、オーバメヤン(23分 モル)、オーバメヤン(27分 バルトラ)、オーバメヤン(48分 プリシッチ)、ミュラー(55分 バルトシュミット)、デンベレ(76分 オーバメヤン)、ミュラー(81分 エクダール)
CK:5-3(前半3-2)   好機:6-9(前半1-4)
主審:シュテーゲマン(ニーダーカッセル)  警告:酒井、サントス(HSV)
観客数:5万7000人(満員)  天候:霧雨、気温7度

 

今後の予定
いったん中断期間に入るが、再開後の土曜日にはバイエルン・ミュンヘンとの“クラシカー”が控えている(日本時間11月20日午前2時30分キックオフ)。

 

※ドイツでは、1選手が前半または後半に、ほかの選手のゴールを挟むことなく連続して3得点した場合、これを「完璧なハットトリック」(ルーペンライナー・ハットトリック)と呼ぶ。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェを欠いてマドリードへ

2016.12.6

ゲッツェを欠いてマドリードへ

マドリードへ向かうチームのエアバスEW1909は、1つ空席のまま飛び立つことになった。ボルシア・ドルトムントは7日に行われるレアル・マドリーとのUEFAチャンピオンズリーグ・ 続きを読む>>

グループ首位通過を懸けた一戦

2016.12.6

グループ首位通過を懸けた一戦

欧州王者レアル・マドリーに勝ち点2差をつけ、UEFAチャンピオンズリーグ・グループFの首位で第6節を迎えることになったボルシア・ドルトムント。両チームはすでにラウンド16進出 続きを読む>>

ロイスとオーバの魔法が再び炸裂

2016.12.5

ロイスとオーバの魔法が再び炸裂

ボルシア・ドルトムントが 続きを読む>>