ニュース

2018.12.28

5月:際どい目標達成

5月:際どい目標達成

ボルシア・ドルトムントはハンス=ヨアヒム・バツケCEOが「(2005年の)破産寸前の危機より後で最も難しかった」と表現した激動のシーズンを4位で終えた。シーズン最大の目標、すなわちUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得は辛うじて達成できた。

 

ホッフェンハイムで迎えた最終節で、BVBは59分にマルコ・ロイスのゴールで1-1とする。前週1FSVマインツ05に1-2で敗れ、ペーター・シュテーガー体制下でのホーム初黒星を喫した痛みは、これで消えたかと思われた。ところがホームチームはその後、立て続けにネットを揺らして3-1とリード。順位表でもBVBを抜き去った。他会場ではレバークーゼンがハノーファー96に勝利。BVBは勝ち点で並ばれたが、最終的に得失点差で上回り、辛うじて4位に入ることができた。

 

 

「なんとか目標を達成できた。しかし今回も、自分たちのやりたいサッカーができていないという事実を改めて思い知らされる試合になった」。ジンスハイムでの試合後、ユルアン・バイグルはこのように語った。ヌリ・シャヒンも自分たちに対する厳しい言葉を抑えられなかった。「今シーズンの僕らには、4位という成績が妥当だ。だからこそ、僕らは今しっかり反省しておく必要がある。どうにかゴールラインを越えられてよかったけどね」

 

 

シーズン終了とともに、BVBのゴールを453試合で守ったロマン・バイデンフェラーが引退。長い現役生活の間に2つのリーグタイトルと1つのDFBポカールを手にしたほか、ワールドカップ優勝とUEFAチャンピオンズリーグ決勝を経験した。マインツ戦のあと、南スタンドのサポーターたちはバイデンフェラーをフェンスの後ろ側へ招き、ブラック&イエローの海の上に浮かべた。この試合で、バイデンフェラーは終了直前に最後のプレー機会を与えられ、ピッチに入っていた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
4月:アウェーで低迷、ライバルに追い上げ許す
3月:国内戦は好調キープ、欧州では敗退
2月:シーズン終盤前の復調
1月:選手往来の季節

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ディアロがパリ・サンジェルマンに移籍

2019.7.17

ディアロがパリ・サンジェルマンに移籍

ボルシア・ドルトムントはDFアブドゥ・ディアロ(23)をフランス王者のパリ・サンジェルマンに移籍させることで合意した。ディアロは直ちにチームを離れている。 続きを読む>>

アメリカ遠征に出発

2019.7.15

アメリカ遠征に出発

現地時間15日午前、ボルシア・ドルトムントの26選手を乗せたルフトハンザ航空LH4990便は出発がわずかに遅れたものの、フランクフルト空港からシアトルに向けて飛び立った。昨シ 続きを読む>>

「700人の村に5000人の観客」

2019.7.14

「700人の村に5000人の観客」

それはまさにサッカーの素晴らしさ、その魅力を最大限に感じることができる試合だった。ボルシア・ドルトムントと対戦する権利を得たのは、バーデン・ビュルテンベルク州北部にある人口7 続きを読む>>