ニュース

2019.9.15

4-0:レバークーゼン相手に大きな勝利

4-0:レバークーゼン相手に大きな勝利

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第4節で同じUEFAチャンピオンズリーグを戦うバイヤー04レバークーゼンに4-0(前半1-0)で圧勝。パコ・アルカセルとラファエウ・ゲレイロがネットを揺らしたほか、マルコ・ロイスも後半に2ゴールを挙げた。

 

レポート:ボリス・ルパート

 

チケット完売のジグナル・イドゥナ・パルクは8万1365人の観客でいっぱいに。立ち上がりに主導権を握ったのはアウェーのレバークーゼンだったが、BVBは28分にアルカセルが先制する。さらにユリアン・ブラントがゴールを脅かしたものの、相手GKフラデツキーの見事な反応にセーブされた。レバークーゼンがボールを支配(65%)し、BVBがチャンスで上回った(3-0)前半を終えると、試合再開からわずか5分でロイスが追加点をマーク。83分にゲレイロがとどめを刺すと、90分にも再びロイスのゴールが生まれた。

 

戦前の状況:
BVBはレバークーゼンに対し、ここ5試合で4勝1分け。ホームでは4連勝中となり、1試合平均では3点以上を奪っている。前節のBVBは敵地で1FCウニオン・ベルリンに1-3と敗れ、今シーズン初黒星。対するレバークーゼンは開幕から無敗を維持していた(2勝1分け)。

 

チーム情報:
この日のBVBは、代表戦による中断期間前に行われた第3節から先発2人を変更。ユリアン・バイグル(ベンチ)と筋肉の負傷で外れたウカシュ・ピシュチェクに替え、ゲレイロとアクセル・ビツェルがスタメンに名を連ねた。また、復帰したトルガン・アザールがベンチスタートとなる一方で、ニコ・シュルツ(足)とマテウ・モレイ(肩)は依然として離脱中。代表戦で足首を痛めていたマヌエル・アカンジは、プレーに支障なしとの診断で先発出場を果たした。

 

 

戦術:
前半20分まではレバークーゼンが試合を支配し、BVBが優位に立ったのはアシュラフ・ハキミが中盤までポジションを上げた時だけ。基本の4-3-3からフレキシブルに選手が動くシステムを採用したレバークーゼンは、中盤ではバウムガルトリンガーとアランギスが頻繁にポジションをチェンジ。相手コーナーキックの際にも前線の3枚をハーフウェーライン付近に残すことが多かった。右ウイングのハベルツはたびたび中盤まで下がり、攻撃的な右SBラース・ベンダーのオーバーラップを促していた。対するBVBは、4-4-2のフォーメーションを選択。しかしこの日はパスの精度が悪く、スピーディーなカウンターがなかなか決まらなかった。

 

試合の展開と分析:
高い位置からプレッシャーを掛けてきたレバークーゼンに対し、いつものように落ち着いてボールを回せなかったBVBはロングボールを多用することに。しかし、レバークーゼンのポゼッションもチャンスには結びつかず、マッツ・フンメルスとアカンジの両センターバックが危険なエリアへの侵入を許さなかった。

 

前半20分過ぎにはいつものペースを取り戻したBVBだったが、決定的な場面と言えば24分の一度だけ。エリア内でアルカセルのパスを受けたロイスがシュートを放つも、これはフラデツキーがセーブ。こぼれ球を拾ったブラントのシュートもフラデツキーに止められた。

 

 

しかし、その4分後には待望の先制点が生まれる。ハキミが右サイドでボールを奪うと、相手サイドバックの背後からゴール前へピンポイントクロスを供給。これをアルカセルが左足のボレーで合わせ、スコアを1-0とした(28分)。アルカセルはクラブと代表戦を合わせ、今季出場した8試合で8ゴールとしている。BVBは30分過ぎにもチャンスを迎え、ビツェルの折返しを受けたディレイニーが至近距離からシュート。ボールはスライディングでブロックしたターの手に当たっていたにもかかわらず、これを見逃された上、リバウンドを拾ったハキミのシュートもクロスバーに嫌われた(33分)。

 

レバークーゼンは後半から戦術を変更し、アミリをバイリーと交代させ、ハベルツに8番の役割を与えた明確な4-3-3にスイッチする。しかし、その数分後にBVBのカウンターが炸裂。アカンジがクリアしたボールはサイドラインを割ることなくジェイドン・サンチョにつながると、このイングランド代表ミッドフィルダーが右サイドを突破。中央への折返しをアルカセルがスルーし、その背後に駆け上がっていたロイスがファーポスト際にシュートを流し込んだ(50分)。

 

BVBは63分、パスミスからこの日初めてロマン・ビュルキが脅かされるも、ハベルツのシュートを片脚でブロック。その後はレバークーゼンにボールを持たせながら要所を締め、試合終了7分前に勝負を決める。アザールとゲレイロから攻撃を始めると、ディレイニーが右サイドへ大きく展開。サンチョのセンタリングをフラデツキーがはじいたものの、これを拾ったゲレイロが難なくゴールを陥れた(83分)。さらに90分、今度はアザールとヤコブ・ブルーン・ラーセンが絡んだカウンターからチャンスを迎え、最後はロイスが至近距離から押し込んだ。

 

試合を時系列で振り返るにはこちらをクリック(ドイツ語)

 

 

出場メンバー&ゴール:
ブンデスリーガ第4節
ボルシア・ドルトムント 4-0(前半1-0)バイヤー04レバークーゼン

 

ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ハキミ、アカンジ、フンメルス、ゲレイロ;ビツェル(78分 バイグル)、ディレイニー;サンチョ、ロイス、ブラント(61分 アザール);アルカセル(79分 ブルーン・ラーセン)
バイヤー04レバークーゼン:フラデツキー;L・ベンダー、ター、S・ベンダー、ベンデウ;バウムガルトリンガー;アランギス(78分 アラリオ)、アミリ(46分 ベイリー);ハベルツ、フォラント、ベララビ(73分 ディアビ)
ベンチ:ヒッツ、ザガドゥ、ダフート、ゲッツェ、シュメルツァー(BVB)、エズジャン、レツォス、ドラゴビッチ、パウリーニョ、シンクラーベン、バイザー
得点:アルカセル(28分 ハキミ)、ロイス(50分 サンチョ)、ゲレイロ(83分 サンチョ)、ロイス(90分 ブルーン・ラーセン)
チャンス数:6-1(前半3-0)  CK数:3-3(前半1-3)
主審:ジーベルト(ベルリン)  警告:アミリ、ベンデウ、ハベルツ(レバークーゼン)
観客数:8万1365人(満席)  天候:晴れ、気温21度

 

今後の日程:
17日にはUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ初戦でFCバルセロナをホームに迎える(日本時間18日4時キックオフ)。来週末のブンデスリーガでは、アイントラハト・フランクフルトのホームに乗り込む(同23日1時キックオフ)。

 

【関連記事】
ゲレイロとの契約延長に「基本合意」
武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.01

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>