ニュース

2018.12.27

4月:アウェーで低迷、ライバルに追い上げ許す

4月:アウェーで低迷、ライバルに追い上げ許す

クリスティアン・プリシッチがクロス気味に放ったシュートに続き、ミシー・バチュアイとマキシミリアン・フィリップのゴールが決まったボルシア・ドルトムントは、ホームでVfBシュツットガルトに3-0と快勝。UEFAチャンピオンズリーグ出場権を争うアイントラハト・フランクフルトとTSG1899ホッフェンハイムが引き分けたため、BVBは第29節終了時点で5位フランクフルトに勝ち点5差、ホッフェンハイムには同8差とリードを広げた。

 

しかし、BVBのパフォーマンスは4月の天気以上に予測しやすいものとなった。ホームではシュツットガルト戦の勝利で3連勝とする一方、アウェーでは一度も白星を挙げることができず、FCシャルケ04との第152回レビアダービーにも0-2で敗北。しかもこの試合では、出場8試合で6ゴールの得点源バチュアイが足首を負傷し、シーズン中の復帰が絶望となるアクシデントに見舞われた。

 

 

続くバイヤー04レバークーゼンとのホームゲームを前に、ペーター・シュテーガー監督は「当初の状況は、今よりはるかに悪かった。今は自力でどうにでもなる」と語った。シュテーガー監督が就任して以来、15試合で勝ち点29を積み上げていたブラック&イエローは、シーズン最高のパフォーマンスでレバークーゼンを圧倒。ホームの大声援にも後押しされ、ジェイドン・サンチョのブンデスリーガ初ゴールで先制すると、フィリップの追加点とマルコ・ロイスの2発も決まってライバルを4-0で一蹴した。しかし試合直後には、これらのゴールが後々大きな意味を持ってくるとは誰も思っていなかった。

 

敵地でSVベルダー・ブレーメンに挑んだBVBは、1-1の引き分けという結果に不満が残ったにせよ、アウェーでもようやく及第点のプレーを見せてくれた。19分にロイスが均衡を破ると、前半終了間際にトーマス・ディレイニーの同点ゴールを許したものの、最後まで諦めずに攻め続けた。結局、パブレンカの好セーブに得点を阻まれた上、3本のシュートを枠に嫌われる不運に泣いたが、3位で4月を終えている。

 

4月にはセバスティアン・ケールのBVB復帰というニュースも届き、ブラック&イエローの元キャプテンは6月1日から新たに設けられる選手部長に就任することが発表された。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
3月:国内戦は好調キープ、欧州では敗退
2月:シーズン終盤前の復調
1月:選手往来の季節

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>