ニュース

2020.12.19

2020年リーグ最終戦は黒星

2020年リーグ最終戦は黒星

ボルシア・ドルトムントは18日に行われたブンデスリーガ第13節でウニオン・ベルリンと対戦し1-2で敗れた。後半にセットプレーから先制点を奪われ、ムココの初ゴールで一度は追いついたものの終盤に再びコーナーキックから決勝点を許して、前節に続く連勝を収めることはできなかった。

 

2020年のリーグ最終戦となったアウェイでの一戦に、テルジッチ監督は2試合連続でユスファ・ムココを先発起用。エムレ・ジャンがスタメンに復帰した。最初のビッグチャンスを迎えたのはBVBだった。10分、左サイドを抜け出したムココからの折り返しが逆サイドからペナルティエリアに侵入したフリーのサンチョに渡ったが、シュートは相手ゴールキーパーにセーブされた。

 

ホームのウニオン・ベルリンも17分にゴール前中央でフリーになったアウォニイにボールが渡る決定機を作る。シュートはビュルキがセーブ、こぼれ球を狙ったシュートもゴール上に外れたことでBVBはピンチを切り抜けた。しかしその後もパスミスが目立つチームは28分に不用意にボールを失いベッカーにシュートを許すなど、リズムを掴めない。前半終了間際にはスルーパスに反応したムココのシュートがゴールポストに嫌われる不運もあり、両チーム無得点のままハーフタイムを迎えた。

 

そして57分、ウニオン・ベルリンのコーナーキックをファーサイドに走り込んだアウォニイが頭で押し込み、ホームチームが先制する。しかしその3分後、BVBもすぐに反撃。スルーパスに反応し抜け出したムココがペナルティエリア内で左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールネットに突き刺さった。16歳の記念すべき初ゴールでBVBはすぐに同点に追いついた。

 

その後もムココがたびたびゴールに迫るなど逆転を目指したBVBだったが、78分に再びコーナーキックからフリードリヒに決められて失点。そのまま1-2で敗れテルジッチ体制初黒星を喫した。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

激戦を制しDFBポカール準決勝進出

2021.3.3

激戦を制しDFBポカール準決勝進出

ボルシア・ドルトムントは2日、DFBポカール準々決勝でボルシア・メンヒェングラートバッハを1-0で破りベスト4進出を決めた。後半にカウンターのチャンスからサンチョが決勝点を決めて熱戦を制した 続きを読む>>

ボルシアMG戦のチーム&ゴール

2021.3.3

ボルシアMG戦のチーム&ゴール

DFBポカール準決勝 ボルシア・メンヒェングラートバッハ 0-1 (前半0-0) ボルシア・ドルトムント 続きを読む>>

ボルシアMG戦の予想スタメン

2021.3.2

ボルシアMG戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは2日、DFBポカール準々決勝でボルシア・メンヒェングラートバッハと対戦する。両チームの予想スタメンは以 続きを読む>>