ニュース

2017.7.12

2-3:初戦に敗れる、オーバとデンベレが得点

2-3:初戦に敗れる、オーバとデンベレが得点

ボルシア・ドルトムントは地域リーグのクラブであるロート=バイス・エッセンと戦った今夏プレシーズンの初戦に2-3(前半1-2)で敗れた。BVBではピエール=エメリク・オーバメヤンとウスマヌ・デンベレが得点している。

 

レポート:ボリス・ルパート(エッセン)

 

ペーター・ボス監督は前半と後半で全く異なるメンバーを起用。ただし90分を通して4-3-3のフォーメーションで戦った。負傷しているロイス、ゲレイロ、香川、バイグルのほか、U-21 EUROに参加したフィリップ、ダフート、メリーノ(休暇中)とバイデンフェラー(アジアツアー前の休養)は欠場。状態に不安のあるローデとラーセン、そして戦列を5カ月間離れているゲッツェもプレーしなかった。この3人に代わり、Aジュニアチームのライマン、バンナー、コパツが入った。

 

 

1万3500人が観戦に訪れたハーフェンシュトラーセで、BVBは試合開始のわずか131秒後にプレシーズン初失点を喫する。エッセンのキャプテン、バイアーが20メートルの距離から放った鮮やかなミドルシュートが、ビュルキに当たってネットに吸い込まれた。ブラック&イエローはリードを許しながらもゲームを完全に支配。左サイドではシュールレが内側に入りれ、4バックの前で右ウイングバックとしてプレーしたシュメルツァーのためにスペースを確保した。しかし、最初の得点機をつくったのは19分になってからのこと。オーバメヤンのクロスにシュールレが合わせようとしたが、ミートしなかった。28分、シュールレが遠めから狙うも、相手GKを脅かすまでには至らなかった。

 

29分、シュールレのCKをトプラクがはたき、素早く反応したオーバメヤンがシュート。枠内へ向かったボールは、ゴールライン付近でフィールドプレーヤーによって手で止められたあと、GKにクリアされた。主審はBVBのゴールを認めるとともに、ハンドしたロート=バイスの選手にレッドカードを提示した。さらにシュールレの2本のGKがいずれもCBにクリアされたあと、オーバメヤンのチャンスにつながる。しかし勝ち越し点を奪うことはできず、逆にホームチームが再びリード。40分、クロスに合わせようとしたベドナルスキはミートできず、ボールはBVBのペナルティーエリアの外へと舞う。このこぼれ球にバイアーが合わせ、18メートルの鮮やかなボレーシュートでビュルキを破った。

 

 

後半からメンバーを総入れ替えしたBVBは、バルトラ(47分)、コパツ(54分)、デンベレ(50分、53分、60分)にチャンスが訪れるも決められず、逆にリードを広げられる。61分にプラツェクがFKを押し込み、3-1とした。しかし2分後、アウェーチームはハンドで与えられたPKをデンベレが沈め、再び1点差に詰め寄る。67分にはザガドゥのクロスがクロスバーをたたき、78分にはプリシッチに決定機が訪れるも、フィニッシュを浮かせてしまった。

 

BVB前半:ビュルキ;パスラック、ソクラティス、トプラク、シュメルツァー;シャヒン;ドゥルム、バンナー;モル、オーバメヤン、シュールレ
BVB後半:ライマン;ピシュチェク、バルトラ、スボティッチ、ザガドゥ;ベンダー、コパツ、カストロ;プリシッチ、イサク、デンベレ
ゴール:バイアー(3分)、オーバメヤン(29分)、バイアー(40分)、プラツェク(61分)、デンベレ(63分 PK)
観客数:1万3500人

 

【関連記事】
ブンデスリーガ第6節までの日程が確定
BVB total!でプレシーズンマッチをライブ配信
5万4934人のBVBファンがシーズンチケットを更新

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

2018.10.16

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

代表戦によるリーグ中断期間にアレマニア・アーヘンとの親善試合に臨んだボルシア・ドルトムントは、主力を大勢欠きながらもアウェーで4-0と快勝。ドミニク・バナー、ベイハン・アメト 続きを読む>>

U-23が今季2敗目を喫す

2018.10.15

U-23が今季2敗目を喫す

ボルシア・ドルトムントU-23はレギオナルリーガ西部第13節で敵地に乗り込み、昇格組のSVリップシュタットに0-2で敗れた。   好天 続きを読む>>

トレーニング終了後にサイン会

2018.10.11

トレーニング終了後にサイン会

ボルシア・ドルトムントは次なる公式戦(10月20日、アウェーでのVfBシュツットガルト戦)に向けた調整の一環として、公開練習を行った。敵地シ 続きを読む>>