ニュース

2018.1.28

2-2:トリアンの土壇場ゴールで勝ち点確保

2-2:トリアンの土壇場ゴールで勝ち点確保

DFジェレミー・トリアンがSCフライブルク戦のラストプレーで得点し、敗色濃厚だったボルシア・ドルトムントに勝ち点1をもたらした。トリアンは後半アディショナルタイム3分にボレーシュートを突き刺し、ホームゲームを2-2(前半1-1)のドローに持ち込んだ。

 

レポート:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

8万1360人の観客に埋め尽くされたジグナル・イドゥナ・パルクで、BVBは前半9分に香川が決めて幸先よく先制。しかし、21分に追いついたアウェーチームは、ビュルキの意表を突いたペーターセンの2ゴール目で逆転に成功。それでもBVBが終盤に攻勢を強めると、土壇場で勝ち点をもぎ取った。

 

全試合映像はBVBtotal!で視聴可能

 

戦前の状況:
6位のBVBはペーター・シュテーガー監督の就任以来リーグで負けていなかったが、今年に入ってから白星なし。対する好調フライブルクは、試合前の時点でリーグ最長の連続無敗(7試合)をキープしていた。BVBはフライブルクに対してホーム9連勝中。その9試合で27得点3失点と相手を圧倒していた。

 

チーム復帰のオーバメヤンはスタメン入り

 

チーム情報:
BVBではシュメルツァー、ゲレイロ、ロイス、フィリップ、ドゥルム、ローデが欠場。フライブルクはフランツ、ヘフラー、ラベ、ニーダーレヒナーを起用できなかった。シュテーガー監督は先週金曜のヘルタBSC戦からスタメン3人を変更。バイグル、ゲッツェ、シュールレに代わってシャヒン、カストロ、オーバメヤンが先発した。

 

戦術:
フライブルクは5バックの5-2-3をベースとしつつ、ボールを奪うと3-4-3にチェンジ。BVBは4-3-3で戦った。MF香川の攻撃的役割の比重を高め、前線で数的優位をつくろうと試みたが、香川はコッホとアブラシの厳しいマークに遭った。

 

先制点を決めて吠える香川

 

試合の展開と分析:
BVBは早くも開始2分に最初のチャンスをつくり、プリシッチがクロス性のシュート。これはキュブラーがクリアしてコーナーに逃れたものの、ホームチームは9分に均衡を破る。カストロがペナルティーエリア内にふわりとボールを浮かせると、ゴール前は混戦状態に。ピシュチェクがこぼれ球を中央右寄りから押し込もうとするも、ブロックされたボールは高く浮いてエリア内の反対側へ。これに、ゴールエリアの端にいた香川がアクロバティックなボレーで合わせ、見事ネットを揺らした。2戦連続となる香川のゴールで先制したBVBは14分、サンチョが左サイドから内側へ切れ込んで追加点を狙う。17メートルのシュートは弧を描きながらゴール上隅へ向かったものの、フライブルクのGKギキエビツが指先で弾き出した。

 

ペーターセンが2得点

 

アウェーチームは序盤、攻撃の形をほとんどつくれなかったが、21分に試合の流れに逆らって同点に追いつく。右サイドで抜け出したハベラーが、ゴールライン沿いからニアポスト付近へ折り返しのパス。これを角度のないところからペーターセンが押し込み、1-1とした。これで流れはフライブルクへと傾き、BVBは劣勢に立たされる。38分、アブラシのクロスに合わせてキュブラーが8メートルの距離からシュート。しかし、ビュルキが好セーブで止めた。BVBもその6分前にチャンスをつくっていたが、カストロのクロスに頭で合わせたオーバメヤンの一撃は、クロスバーをわずかに越えた。

 

サンチョはこの日も左サイドで活躍

 

後半に入ってからしばらく両チームとも攻めあぐねていたが、59分に香川が角度のないところから狙い、サイドネットを外側から揺らす。ひやりとしたフライブルクはこれで目を覚まし、その後の数分にわたって何度かペナルティーエリアに侵入するも、シュートを放つまでには至らない。しかし68分、ペーターセンがBVB陣内に入ってすぐの位置でボールを奪い、ビュルキがゴールラインから大きく出ているのを確認してロングシュート。この40メートルの正確な一撃がBVBの守護神を破り、アウェーチームは逆転に成功した。

 

1点ビハインドのBVBは終盤、攻勢を強める。74分、ゲッツェの完璧なクロスに、ピシュチェクがペナルティースポット付近からヘディングシュート。だが、ギキエビツに難なくキャッチされた。それでも土壇場、ヤルモレンコがエリア内へクロスを入れると、ソユンチュがクリアミス。これにつけ込み、トリアンが14メートルのボレーシュートをゴールに突き刺し、試合を2-2のドローに持ち込んだ。

 

全試合映像はBVBtotal!で視聴可能

 

メンバー&ゴール
2018年1月27日 ブンデスリーガ第20節
ボルシア・ドルトムント 2-2(前半1-1)SCフライブルク

 

ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、トリアン;シャヒン(78分 イサク);カストロ(46分 ゲッツェ)、香川;プリシッチ(67分 ヤルモレンコ)、オーバメヤン、サンチョ
SCフライブルク:ギキエビツ;グエデ、ソユンチュ、グルデ、ケンプフ、ギュンター;コッホ、アブラシ;ヘーラー(82分 クラインディーンスト)、ペーターセン、ハベラー(84分 ドレーガー)
ベンチ:バイデンフェラー、アカンジ、シュールレ、バイグル(BVB);クラント、テッラッツィーノ、シュスター、シエロ、スタンコ、オコロジ(フライブルク)
ゴール:香川(9分 ピシュチェク)、ペーターセン(21分 ハベラー)、ペーターセン(68分)、トリアン(90+3分 ヤルモレンコ)
CK:5-2(前半2-1)  好機:5-3(前半2-2)
主審:ジーベルト(ベルリン)  警告:カストロ(BVB)
観客数:8万1360人(満員)  天候:曇り、気温7度

 

今後の日程:
ブンデスリーガの次戦は来週金曜日。1FCケルンのホームに乗り込む(日本時間2月3日午前4時30分キックオフ)。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVBがドイツ代表男子アイスホッケーチームを祝福

2018.2.24

BVBがドイツ代表男子アイスホッケーチームを祝福

ボルシア・ドルトムントは、平昌オリンピックで歴史的パフォーマンスを披露したドイツ代表男子アイスホッケーチームの成功を喜んでいる。ドイツは準決勝でカナダを4-3と破り、決勝進出 続きを読む>>

シュテーガー監督、ザルツブルクとの対戦を歓迎

2018.2.24

シュテーガー監督、ザルツブルクとの対戦を歓迎

ボルシア・ドルトムントがUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16組み合わせ抽選会でFCザルツブルクを引き当てると、ペーター・シュテーガー監督は絶えず鳴り続けた携帯電話をマナーモ 続きを読む>>

ラウンド16のキックオフ時刻が確定

2018.2.24

ラウンド16のキックオフ時刻が確定

ボルシア・ドルトムントがFCザルツブルクをジグナル・イドゥナ・パルクに迎えるUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16第1戦は、3月8日(木)中央欧州標準時19時(日本時間9日午 続きを読む>>