ニュース

2018.2.11

2-0:ハンブルク破り連勝、バチュアイが再び得点

2-0:ハンブルク破り連勝、バチュアイが再び得点

上り調子のボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガ第22節のアウェーゲームでハンブルガーSVを2-0(前半0-0)と下し、2連勝をマーク。バチュアイ(49分)とゲッツェ(90+2分)のゴールで勝ち点3を手にし、ベルリンで敗れたレバークーゼンをかわして3位に返り咲いた。加えて、戦列を長らく離れていたロイスが試合復帰を果たしている。

 

レポート:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

赤と白のユニフォームで極めて守備的に戦ったハンブルクを相手に、BVBは8万1360人の観客で埋め尽くされたジグナル・イドゥナ・パルクで当初は攻めあぐねていた。前半のシュート数は両チーム合わせて4本にとどまり、ビュルキとマテニアの両GKに仕事は回ってこなかった。しかし後半に入るとBVBが積極的に攻め、49分にバチュアイが押し込んで先制。アディショナルタイム2分にはゲッツェがダメを押し、ホームチームの勝利を確実にした。

 

全試合映像はBVBtotal!で視聴可能

 

戦前の状況:
4位と17位の対戦。BVBはハンブルクとの最近4試合で常に3点以上を奪っていた。この試合に勝てば、BVBは初の対ハンブルク5連勝。さらにはブンデスリーガ500勝(859試合)の節目に到達することができた。

 

チーム情報:
BVBは7選手(ゲレイロ、シュメルツァー、サンチョ、フィリップ、ヤルモレンコ、ローデ、ドゥルム)が戦列離脱中。ハンブルクではミュラー、テルケ、パパドプロスがプレーできなかった。ロイスは昨年5月のDFBポカール決勝で十字靭帯を断裂して以来、259日ぶりに復帰し、キャプテンバンドを腕に巻いた。同じくケガから回復したゲッツェはベンチスタート。ソクラティス(感染症)とダフートも控えに回った。ソクラティスの代わりにアカンジがセンターバックに入り、移籍後初先発を果たしている。

 

ロイスは259日ぶりにプレー

 

戦術:
BVBは4-2-3-1のフォーメーション。俊敏かつ自由にプレーすることを許されたロイスが攻撃的MFトリオのセンターに入った。その両翼をプリシッチとシュールレが固め、いずれも頻繁に内側へ入ってサイドバックが上がるスペースをつくった。香川は中盤の底でバイグルと並んだが、マイボール時は攻撃的にプレーした。ハンブルクはコンパクトな陣形をつくり、5バックの前に守備的MF2人を配置。ボールを奪うと5-2-1-2から3-2-3-2にスイッチした。

 

試合の展開と分析:
帰ってきたロイスが、さっそくチャンスメークに貢献する。2分、左サイドでロイスのパスを受けたシュールレがペナルティーエリア内に侵入。だが、マフライにボールを奪われてシュートは打てなかった。ピンチをしのいだハンブルクは5バックでスペースを埋め、その後しばらくBVBにチャンスを与えなかった。アウェーチームの守備陣はBVBのサイドへのボール展開を遮断するとともに、バチュアイを徹底マーク。ワントップのストライカーは前線で孤立しがちだった。しかし、ハンブルクはBVB以上に攻撃の形をつくれず、14分にビュルキがゴールを離れているのを確認して放ったワラシのロングシュートも、大きく横へそれた。

 

アカンジは移籍後初先発

 

BVBはボールは支配していたものの、プレーの大半は中央3分の1で展開された。たまにサイドを突破しても、ゴールを脅かすまでには至らなかった。23分過ぎにはトリアンが左サイドからクロスを入れるも、これに合わせたバチュアイのシュートは枠外へ飛んだ。30分、ハンブルクに最大のチャンスが訪れる。ゴールまで13メートルの距離からウッドが狙おうとしたが、ピシュチェクが身を呈して阻止。そのリバウンドにワラシが詰めるも、シュートを浮かせてしまった。ハーフタイムが近づくなか、BVBはバチュアイ、ロイス、プリシッチの連係でペナルティーエリア内に侵入。しかし、酒井にチャンスをつぶされてしまった。

 

後半に入るとBVBは攻勢を強め、間もなくして均衡を破る。49分、ピシュチェクのフィードから、ロイスが前線へスルーパス。これを受けたプリシッチがゴール前を横切るグラウンダーのクロスを入れると、完璧なタイミングで駆け込んできたバチュアイがマーカーのマフライを振り切りながらファーポスト付近からシュートを押し込んだ。前節で2ゴール1アシストを記録したバチュアイにとって、これがホームでの初ゴールだった。先制したホームチームは、直後にもロイスの鮮やかなパスからシュールレが狙ったものの、弧を描いたフィニッシュはマテニアにクリアされる。その後、香川が負傷。代わって入ったダフートが63分に右ポスト付近へボールを浮かせたが、これに合わせたプリシッチはゴール枠をとらえ切れなかった。

 

トプラクはウッドを封じ込めた

 

ゲッツェがラストプレーで得点

 

わずか2分後の65分、今度はバチュアイのパスを受けたプリシッチがチャンスメーク。完璧なタイミングで左へボールを流すとシュールレが駆け込んだが、危険を察知してゴールを飛び出したマテニアにクリアされた。ハンブルクは73分の前後にドルトムントのゴールを立て続けに襲う。1本目のハーンのシュートはビュルキがセーブ。その直後、右サイドでアープからボールをもらったハーンが、今度は低いクロスを入れる。BVBの守備陣はこれを完全にクリアできなかったものの、サリホビッチの一撃はクロスバーを大きく越えた。76分、ダフートとプリシッチに試合を決めるチャンスが訪れるも、いずれも決めきれない。同点ゴールをあきらめないハンブルクに対し、ホームチームはしっかり守り続け、アディショナルタイム2分に決着をつける。シュールレからの見事なパスを受けたゲッツェがネットを揺らし、スコアを2-0とした。

 

全試合映像はBVBtotal!で視聴可能

 

メンバー&ゴール
ブンデスリーガ第22節
ボルシア・ドルトムント 2-0(前半0-0)ハンブルガーSV

 

ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、トプラク、トリアン;バイグル、香川(62分 ダフート);プリシッチ(85分 カストロ)、ロイス(71分 ゲッツェ)、シュールレ;バチュアイ
ハンブルガーSV:マテニア;酒井、マフライ、ユング、ファン・ドロンヘレン、サントス;エクダール(71分 ハーン)、ワラシ;フント(54分 サリホビッチ);ウッド(54分 アープ)、コスティッチ
ベンチ:バイデンフェラー、シャヒン、イサク、ソクラティス(BVB);ポラースベック、ディークマイヤー、ヤニチッチ、アンブロジウス(ハンブルク)
ゴール:バチュアイ(49分 プリシッチ)、ゲッツェ(90+2分 シュールレ)
CK:2-4(前半1-4)  好機:5-3(前半1-2)
主審:フリッツ(コルプ)  警告:ユング(ハンブルク)
観客数:8万1360人(満員)  天候:曇り、気温2度

 

今後の日程:
木曜日のUEFAヨーロッパリーグ再開初戦で、イタリアのアタランタとホームで対戦(日本時間16日午前3時キックオフ)。日曜日のブンデスリーガではボルシア・メンヘングラットバッハの本拠地に乗り込む(同19日午前2時)。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ベーザーシュタディオンは相性のいい場所

2018.4.26

ベーザーシュタディオンは相性のいい場所

ボルシア・ドルトムントは29日、2017-18シーズンのブンデスリーガ最後から3試合目でベーザーシュタディオンに乗り込み、ベルダー・ブレーメンと対戦する(日本時間30日1時キ 続きを読む>>

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

2018.4.25

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

しばらく前、ボルシア・ドルトムントは「BVBアマチュア支援イニシアチブ」を開始。当初、ベストファーレン地域のアマチュアクラブによるインフラプロジェクトを支援するための資金とし 続きを読む>>

アメリカ開催のICC、チケット先行販売中

2018.4.25

アメリカ開催のICC、チケット先行販売中

プレシーズンの準備の一環として、ボルシア・ドルトムントは7月後半にアメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップに参加する。現在、3試合のチケットの先行販売を実施中。 続きを読む>>