ニュース

2015.11.9

2位チームとしても歴代2位の勝ち点

2位チームとしても歴代2位の勝ち点

ブンデスリーガで49年戦ってきたボルシア・ドルトムントだが、第12節終了時点で今シーズンの29ポイントより多くの勝ち点を手にしていたのは、リーグ優勝を果たした2010-11シーズンのみ。勝利に勝ち点3が与えられるようになって以降の21シーズン中12シーズンは、首位に立てていたはずの勝ち点数だ。

 

だがシーズンの3分の1を終え、BVBは現在2位。2位での勝ち点として29ポイントという数字は、2001年にバイヤー・レバークーゼンが記録した30に次ぐ歴代2位となる。これで今季チャンピオンズリーグに出場しているボルフスブルク、ボルシア・メンヘングラットバッハ、そしてレバークーゼンにはそれぞれ勝ち点8、10、12差をつけ、さらに地元の宿敵FCシャルケ04との差も9ポイントに広げた。第147回目のダービーを3-2の勝利で終えたあと、トーマス・トゥヘル監督は「チームを心から称賛したい」と話したが、その言葉は、チームが94分間にわたって死闘を繰り広げたこと、そして今季ここまでの見事な出来に向けられたものだった。

 

今回のダービーは、シーズン22試合目の公式戦であり、ここ3週間での7試合目だった。公式戦の通算成績は18勝3分け1敗。これは見事な戦績であり、すべての大会でここまで好成績を収めたことは今までにない。

 

シュート数14対9、ボール支配率59パーセントと相手を圧倒したBVBだが、それでも勝利は非常に際どいものだった。これはこのダービーがほかのどんな試合、カップ戦ともまた違う特別なものだからだ。

 

どれほど特別な試合なのか、予想外のゴールが生まれた瞬間を振り返ってみよう。

 

1-0:香川真司が最も多くの得点を挙げている相手はシャルケ。しかも今日は珍しくヘディングでゴールを奪った。ブンデスリーガでは通算29ゴールを記録しているが、頭で決めたのは2012年のレバークーゼン戦に続いてわずかに2度目。「自分でも驚いている。ヘディングでの得点はまったく予想していなかったから」と試合後に本人も話している。

 

2-1:今シーズン、BVBのCKがゴールに結びついたのは57本目にして初めて。ヘンリク・ムヒタリアンのCKにマティアス・ギンターが合わせた。前回CKからゴールを奪ったのは、昨シーズンの第32節。ヘルタ・ベルリン相手にムヒタリアンのCKをネベン・スボティッチがネットに収めた。「ディフェンダーが試合前にゴールやアシストを目標にすることはめったにない」とギンターはコメント。一方、シャルケがヘディングでゴールを奪われたのは、第11節までの990分間で2回しかなかったが、今回の90分間でその数は2倍に増えることになった。

 

1-1/3-2:過去9回のダービーで、クラース=ヤン・フンテラールが決めたゴールは2つだけ。しかし今日は1試合でBVBから2ゴールを奪い、試合を最後まで緊迫したものに保った。トゥヘル監督は言う。「3-2と追い上げられて試合の様相が一変してしまった。だが後半ロスタイム4分間は相手に一度もチャンスを与えなかった。本当にいい経験になった。最終的にはいい結果に終わったからなおさらだ」

 

BVBは3-2で勝利するにふさわしい戦いを見せた。そしてチームは歴代2位の好スタートを切り、さらに歴代2位の2位チームとなった。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
歴代2位の好成績
ギンター:「最高の勝利、重要な勝ち点3」
トゥヘル監督:「これがダービーなんだと実感」
香川:「ダービーで大事なのは勝つこと」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ベーザーシュタディオンは相性のいい場所

2018.4.26

ベーザーシュタディオンは相性のいい場所

ボルシア・ドルトムントは29日、2017-18シーズンのブンデスリーガ最後から3試合目でベーザーシュタディオンに乗り込み、ベルダー・ブレーメンと対戦する(日本時間30日1時キ 続きを読む>>

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

2018.4.25

「BVBのアマチュア支援は素晴らしい取り組み」

しばらく前、ボルシア・ドルトムントは「BVBアマチュア支援イニシアチブ」を開始。当初、ベストファーレン地域のアマチュアクラブによるインフラプロジェクトを支援するための資金とし 続きを読む>>

アメリカ開催のICC、チケット先行販売中

2018.4.25

アメリカ開催のICC、チケット先行販売中

プレシーズンの準備の一環として、ボルシア・ドルトムントは7月後半にアメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップに参加する。現在、3試合のチケットの先行販売を実施中。 続きを読む>>