ニュース

2018.1.20

香川が節目のゴールを記録

香川が節目のゴールを記録

ボルシア・ドルトムントは時間の経過に伴ってペースを上げ、後半のシュート数(9-4)とタックル成功率(56%)、さらにボール支配率(63%)でヘルタBSCを上回ったが、前半のシュート数(2-5)とタックル成功率(59%)で後手を踏んだ。

 

節目のゴール:香川真司がブンデスリーガのアウェーチーム通算2万ゴール目を記録。この日の香川はボールタッチ数が誰よりも多かった(103回)。

 

 

好調:香川は自身が出場した公式戦の最近6試合で6ゴールに関与し、2ゴール4アシストを記録。

 

闘士:エメル・トプラクのタックル成功率は出場選手中最高の93%に達した。

 

金曜日の成績:BVBは金曜夜のアウェーゲーム直近4試合で勝利に見放されている(2分け2敗)が、金曜日にはホームで24試合続けて負けていない。

 

無敗:ペーター・シュテーガー監督が就任して以来、BVBはブンデスリーガで4試合無敗を継続中。監督交代直後は2連勝したものの、ここ2試合で引き分けている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
1-1:香川のゴールで追いつくも勝利逃す

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

2018.8.13

1-0:プレシーズンの締めにラツィオ下す

DFBポカールのフュルト戦が8日後に迫った12日、ボルシア・ドルトムントはセリエAのラツィオとエッセンで対戦。序盤に生まれたマルコ・ロイスのゴールで1-0(前半1-0)と競り 続きを読む>>

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018.8.12

レジェンドチームの試合でシーズン開幕

2018-19シーズン最初の公式戦まで9日と迫った11日、ボルシア・ドルトムントはファンと共に新しいシーズンの幕開けを祝った。クラブはジグナル・イドゥナ・パルクで毎年恒 続きを読む>>

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

2018.8.9

ファブレ監督の総括:「まだ戦術面に改善の余地あり」

バート・ラガーツ合宿は終了。8日で計15回の集中トレーニングとテストマッチ3試合をこなしたチームは、ドルトムントへ戻った。金曜日からは準備の最終段階がスタート。そして8月20 続きを読む>>