ニュース

2019.3.10

3-1:雨にも負けずシュツットガルトに勝利

3-1:雨にも負けずシュツットガルトに勝利

ボルシア・ドルトムントはホームで強いところを再び見せつけた!ブンデスリーガ第25節で、BVBはVfBシュツットガルトに3-1(前半0-0)で勝利。ロイス、アルカセル、プリシッチが得点した。ただし首位の座は、ボルフスブルクに大勝して得失点差でBVBを抜いたバイエルン・ミュンヘンに奪われている。

 

レポート:ボリス・ルパート

 

戦前の状況:
BVBはシュツットガルトと戦ったブンデスリーガの最近15試合で1敗のみで(昨シーズンのアウェーゲーム)、同10試合で8勝していた。ただ、シュツットガルトはブンデスリーガのここ2試合で勝ち点4と、調子を上げていた。

 

チーム情報:
BVBではバイグルが体調不良により欠場。代わってハキミがスタメン復帰し、左SBに入った。ディアロはアカンジとCBコンビを組んだ。それ以外に5日のトッテナム戦からの変更はなく、ピシュチェク(かかと)とフィリップ(ひざ)は引き続き負傷離脱。トプラクとダフートも体調不良で休んだ。

 

 

戦術:
BVBは4-1-4-1の攻撃的な布陣。ゲッツェとロイスはいずれもライン間を狙い、ゲッツェは引いてビルドアップに加担。ロイスは前線でワントップのアルカセルをサポートし、結果的に4-4-2のような形になりがちだった。BVBの攻撃陣5人を、シュツットガルトは中盤の3人と最終ラインの5人で受けた。この5-3-2は、ボールを奪うと3-4-3へ移行。ベックとインスアが最終ラインから中盤に加わり、ツーバーは中盤センターから上がってエスバイン、ゴンサレスと3トップを形成した。守備時はこの3人で前線からプレスをかけつつ、5-3-2の陣形に戻った。

 

試合の展開と分析:
シュツットガルトは守備的なフォーメーションながら立ち上がりからチャンスと見れば攻めに出た。前半最大の得点機をつくったのもアウェーチームで、31分に中盤でボールを奪うと、ツーバーからゴンサレスへラストパス。そのシュートはゴールを飛び出したビュルキをすり抜けたが、右ポストの外側をかすめた。

 

 

一方、BVBは3分にゲッツェのチャンスメークからアルカセルがシュート。パバールがブロックに入りコーナーへ逃れた。その後はシュツットガルトにパス経路を遮断され、火曜日のトッテナム戦のように攻撃の勢いをつくれなかったが、たびたびチャンスを生み出す。14分にはゲッツェが個人技からゴールエリアへクロスを入れるも、アルカセルは届かず。5分後、ロイスとビツェルが立て続けに枠内へシュートを飛ばすも、セーブされた。大雨が続いたあと、BVBはツィーラーにミドルシュートを浴びせる。37分にサンチョ、42分にはゲレイロが狙ったが、シュツットガルトの守護神を破ることはできなかった。ホームチームは前半のボール支配率で76%と圧倒。しかし、リードを奪えないままハーフタイムを迎えた。

 

60分、サンチョがペナルティーエリア端でカストロとツーバーに倒される。主審はVARを要求した後、PKスポットを指示。ロイスの蹴ったボールは左ポストに当たるも、はね返ってゴールを割り、BVBに待望の先制点をもたらしたキャプテンは安堵のため息をついた(62分)。69分にはゲレイロのパスにアルカセルが抜け出すも、浮かせたフィニッシュはツィーラーに阻まれる。すると71分、シュツットガルトが同点に追いつく。カストロのフリーキックにケンプフが頭で合わせ、スコアを1-1とした。

 

再勝ち越しを狙うBVBは攻勢を強め、77分にはアルカセルがフリーキックで直接狙ったが、わずかにポストの外側へ。それでも84分、そのアルカセルがホームチームの2点目を奪う。アカンジのロングパスを左サイドのスペースで受けたハキミからサンチョにボールがつながり、ロイスがシュート。これはブロックされたものの、リバウンドがプリシッチの足下へ。こぼれたボールにアルカセルが駆け込み、ゴール上隅にシュートをたたき込んだ。さらにアディショナルタイム2分、今度はプリシッチが得点。ビツェルとゲッツェの連係から生まれたチャンスをものにし、スコアを3-1として勝負をつけた。

 

今後の日程:
来週土曜日はベルリンのオリンピアシュタディオンに乗り込み、ヘルタBSCと対戦する(日本時間17日午前2時30分キックオフ)。

 

試合を時系列で振り返るにはこちらをクリック(ドイツ語)

 

メンバー&ゴール
ブンデスリーガ第25節
ボルシア・ドルトムント 3-1(前半0-0) VfBシュツットガルト

ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ボルフ(87分 ザガドゥ)、アカンジ、ディアロ、ハキミ;ビツェル;サンチョ、ゲッツェ、ロイス、ゲレイロ(79分 プリシッチ);アルカセル(90+1分 ディレイニー)
VfBシュツットガルト:ツィーラー;カバク、パバール、ケンプフ;ベック、アスカシバル、カストロ、ツーバー(78分 ドニス)、インスア(88分 ゴメス);エスバイン、ゴンサレス(75分 ゲントナー)
ベンチ:ヒッツ、バレルディ、シュメルツァー、ブルーン・ラーセン(BVB);グラール、アオゴ、バウムガルトル、ディダビ(シュツットガルト)
ゴール:ロイス(62分 カストロのサンチョへのファウルで得たPK)、ケンプフ(71分 カストロのFK)、アルカセル(84分 プリシッチ)、プリシッチ(90+2分 ゲッツェ)
CK数:7-1(前半6-0)  チャンス数:8-1(前半3-1)
主審:コルトゥス(レーテンバッハ・アン・デア・ピークネッツ)  警告:ロイス、ボルフ、ビツェル(BVB);ツーバー、インスア、アスカシバル(シュツットガルト)
観客数:8万1365人(満員)  天候:断続的に強い雨、強風、気温9度

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

2019.5.26

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

ボルシア・ドルトムントU-17がアルミニア・ビーレフェルトに6-1で圧勝し、今シーズンの目標に掲げていたリーグ優勝を成し遂げた。   続きを読む>>

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

2019.5.25

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

マルコ・ロイス、 続きを読む>>

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

2019.5.24

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

オープニングから10年、ボルシア・ドルトムントのクラブミュージアム“ボルッセウム”が全面改装されることになった。ただ施設が新しくなっても、「ファンによるファンのためのミュージ 続きを読む>>