ニュース

2015.7.24

遊びの要素もあるメニューでリラックス

遊びの要素もあるメニューでリラックス

23日午後に行われた練習では、バート・ラガーツでの合宿に参加した28選手中27人がピッチに立った。ヌリ・シャヒンはフィットネスコーチのアンドレアス・ベックと共にリハビリに専念したものの、このMFも間もなく全体練習に復帰できそうだ。

 

トーマス・トゥヘル監督が用意するメニューは難しくてバリエーションに富み、興味深く中身が濃いと選手たちにも好評を博している。この日は通常(直径22cm)より小さい1号球(直径15.5cm)を使用したトレーニングを行った。

 

小さなボールで素早くダイレクトにパスを回すには、特別なテクニックが必要になる。非常に狭いエリアで、しかも2個目のボールを入れて“11対2”をプレーする場合は特にそれを実感するはずで、極めてスピーディーな動きと高いレベルのテクニックが欠かせない。

 

トレーニングの最後に楽しんだサッカーテニスが「簡単に思えた」位だったが、やはり全体的に強度が高く、非常に高い効果を期待できる充実した練習となった。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「BVBの選手は期待されて当然」
チームはまだ試行錯誤の段階

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

2018.10.16

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

代表戦によるリーグ中断期間にアレマニア・アーヘンとの親善試合に臨んだボルシア・ドルトムントは、主力を大勢欠きながらもアウェーで4-0と快勝。ドミニク・バナー、ベイハン・アメト 続きを読む>>

U-23が今季2敗目を喫す

2018.10.15

U-23が今季2敗目を喫す

ボルシア・ドルトムントU-23はレギオナルリーガ西部第13節で敵地に乗り込み、昇格組のSVリップシュタットに0-2で敗れた。   好天 続きを読む>>

トレーニング終了後にサイン会

2018.10.11

トレーニング終了後にサイン会

ボルシア・ドルトムントは次なる公式戦(10月20日、アウェーでのVfBシュツットガルト戦)に向けた調整の一環として、公開練習を行った。敵地シ 続きを読む>>