ニュース

2018.11.4

1-0:ロイスの1点でボルフスブルクに勝利

1-0:ロイスの1点でボルフスブルクに勝利

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第10節でVfLボルフスブルクに1-0(前半1-0)と競り勝ち、首位の座をキープ。今シーズンの無敗記録も15試合に伸ばした。

 

レポート:ボリス・ルパート

 

6000人以上のBVBサポーターを含む3万人で膨れ上がったフォルクスワーゲン・アレーナで、ブラック&イエローは27分にマルコ・ロイスの今シーズン6点目で先制。手に汗握る展開となった試合は結局この1点が勝負を分け、ルシアン・ファブレ監督はBVB史上初めて就任初戦から15試合を無敗で乗り切った監督になった。

 

戦前の状況:
2015年のDFBポカール決勝で敗れて以来、BVBはブンデスリーガでボルフスブルクに6試合負けなしを維持(5勝1分け)。一方のボルフスブルクは昨シーズンを含め、リーグ戦でのホームゲーム直近14試合で2勝にとどまっていた。

 

 

チーム情報:
ファブレ監督は選手層の厚さを生かし、ウニオン・ベルリンを3-2で下したDFBポカール2回戦から9人の先発を変更。スタメンにとどまったのはアシュラフ・ハキミとダン=アクセル・ザガドゥのみとなった。しばらく戦列を離れていたマヌエル・アカンジは、そけい部を痛めたアブドゥ・ディアロに代わって先発に復帰。ジェレミー・トリアンも今シーズン初めてメンバー入りを果たしたが、マリオ・ゲッツェ(気管支炎)、ウカシュ・ピシュチェク(ひざの打撲)、マルセル・シュメルツァー(ひざの骨髄浮腫)らが欠場した。

 

戦術:
ボルフスブルクのフォーメーションは4-3-3だったが、中盤にはやや攻撃的な選手を2人置くのではなく、3人の守備的ミッドフィルダー(レジュベツァイ、アーノルト、ゲルハルト)を起用。守備時には10メートルに満たない間隔で自陣に計9人の選手が並び、4-2-3-1のBVBにほとんどスペースを与えなかった。攻撃時には唯一の自由を与えられていた最前線のベグホルストを軸に、ゲルハルトと両サイドのギンチェク、ブレカロがサポートした。

 

 

試合の展開と分析:
試合序盤、BVBはボルフスブルクのコンパクトな守備をなかなか崩せなかったが、ホームチームのまばらな攻撃は難なく処理。開始3分に、ブルックスが危険なクリアであわやオウンゴールという場面はあったものの、どちらのゴール前でも、特筆すべきシーンはあまりなかった。均衡が敗れたのは27分。まずロイスが左サイドのサンチョにボールをはたき、サンチョがディレイニーにクロスを合わせる。そしてディレイニーがヘッドで狙ったボールをロイスが同じく頭で押し込み、ボルフスブルクのゴールを陥れた。BVBのキャプテンはハーフタイム直前にも惜しいシーンを演出。ロイスが持ち込んで戻したボールをゲレイロがゴール前5メートルの位置から蹴り込むも、相手にブロックされた。

 

 

後半は前半より勢いのある立ち上がりとなり、ホームのボルフスブルクがスピーディーな攻撃を展開。前掛かりになったものの背後のスペースもうまくケアしていた。それでも52分、BVBはサンチョが見事なカウンターを仕掛けたが、ルシヨンにクリアされる。反対側のゴール前では、ようやく58分にアーノルト、72分にシュテフェンがBVBのゴールを脅かすも、いずれも決まらない。

 

ブラック&イエローは敵陣ハーフにとどまってボールを回し、試合をコントロール。シュートチャンスをうかがうというより、ボールをキープすることを優先させた。終盤はボルフスブルクが再び勢いを得て同点ゴールを奪いにきたものの、BVBも79分にブルーン・ラーセンがパスをカットしてドリブルで持ち上がる。しかしカーブをかけたシュートはわずかにファーポストの外。スコアを2-0とすることはできなかった。

 

87分にはホームチームに最後のビッグチャンス。アーノルトが右サイドからインスウィングのフリーキックで直接狙ったが、これもポストの数センチ脇に抜けていった。

 

試合を時系列でチェックするにはこちらをクリック(ドイツ語)

 

ブンデスリーガ第10節
VfLボルフスブルク 0-1(0-1)ボルシア・ドルトムント

 

VfLボルフスブルク:カステールス;ウィリアン、ティセラン、ブルックス、ルシヨン;ゲルハルト(81分 マリ)、アーノルト、レジュベツァイ(69分 シュテフェン);ギンチェク、ベグホルスト、ブレカロ(81分 イェボア)
ボルシア・ドルトムント:
ビュルキ;ハキミ、アカンジ、ザガドゥ、ゲレイロ;ビツェル、ディレイニー;サンチョ(78分 プリシッチ)、ロイス、ブルーン・ラーセン(90分 トプラク);アルカセル(79分 フィリップ)
ベンチ:ペルバン、フェルハーフ、ウドゥオカイ、クノヘ;ヒッツ、トリアン、ダフート、バイグル
ゴール:ロイス(27分 ディレイニー)
CK:7-14(前半3-8) 好機:3-5(0-3)
主審:ジーベルト(ベルリン) 警告:ザガドゥ、ディレイニー(BVB)
観客数:3万人(チケット完売)  天候:晴れ、気温10℃

 

今後の日程:
水曜日のUEFAチャンピオンズリーグでは敵地でアトレティコ・マドリーと対戦。 来週土曜にはジグナル・イドゥナ・パルクでFCバイエルン・ミュンヘンとの大一番に挑む。

 

【関連記事】
「運の力も喜んで借りるよ!」
スタッツにも顕著なビツェルの活躍

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

2018.12.15

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

偉大なBVB戦士とのお別れの時がやって来た。ベルダー・ブレーメンをホームに迎える土曜日の試合を前に、8万1365人の観客に埋め尽くされる見込みのジグナル・イドゥナ・パルクで、 続きを読む>>