ニュース

2019.12.1

2-1:10人でヘルタから勝利もぎ取る

2-1:10人でヘルタから勝利もぎ取る

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第13節でヘルタBSCベルリンに敵地で2-1と競り勝ち、悪い流れを断ち切って重要な一歩を踏み出すことに成功した。

 

レポート:ボリス・ルパート(ベルリン)

 

BVBは15分にジェイドン・サンチョ、17分にトルガン・アザールが決めて一気に2-0とリードしたものの、34分にダリダに1点を返されると、前半アディショナルタイムにはマッツ・フンメルスがレッドカードで退場。後半開始から10人での戦いを強いられた。

 

戦前の状況:
ブラック&イエローがヘルタに敗れたのは、直近の公式戦およびブンデスリーガでの11試合でいずれも1度のみ。ただこの間、勝てたのも3試合にとどまっていた。一方、ヘルタはリーグ戦のアウェーゲームで4連敗中だった。

 

 

チーム情報:
BVBはパコ・アルカセル(感染症およびひざの負傷)、トーマス・ディレイニー(靭帯損傷)、ヤコブ・ブルーン・ラーセン(ひざの問題)に加え、筋肉を傷めたユリアン・バイグルも欠場。そのためニコ・シュルツ、ウカシュ・ピシュチェク、バイグルに代わってダン=アクセル・ザガドゥ、サンチョ、アザールがスタメンに入った。

 

戦術:
バルセロナ戦の最後の15分から引き続き、ルシアン・ファブレ監督はフンメルスの左にザガドゥ、右にマヌエル・アカンジを置く3バックを選択した。中盤はセンターでユリアン・ブラントがアクセル・ビツェルと並び、アシュラフ・ハキミが右、ラファエウ・ゲレイロが左。前線はアザールを頂点とし、マルコ・ロイスとサンチョが両脇の若干下がり目の位置に入った。サンチョがセンター左に移動すると、ヘルタのシュタークがマンマークについた。ヘルタも同じく3バックを採用したが、ゼルケとルケバキオを最前線に置く3-5-2をチョイス。中盤の底にはシェルブレッドが入り、右のボルフが頻繁に下がり、4バックを形成した。

 

フンメルスがレッドカードでいなくなった後半、BVBは4-4-1のシステムにスイッチ。ハキミ、アカンジ、ザガドゥ、ゲレイロの4バックの前にアザール、ブラント、ビツェル、サンチョが並び、ロイスを1トップとした。

 

試合の展開と分析:
ヘルタは立ち上がりから、かなり激しいプレッシング。ゲレイロとアザールがピッチに倒れ込んで顔をゆがめるシーンが続いたが、両選手ともすぐに立ち上がってプレーを続行した。ロイスもダリダから荒いタックルを受けたものの、幸いケガはなく、ダリダがイエローカードをもらった。ヘルタはその前にもグルイッチがゲレイロへの肘打ちで警告を受けていた。

 

13分、BVBはブラントの好プレーで先制点をマーク。ブラントは相手守備陣の隙間に完璧なパスを通し、サンチョが冷静にGKクラフトを破った。ブラック&イエローはそのわずか2分後に再びネットを揺らす。アカンジが起点となり、ハキミへクレバーなパス。このモロッコ代表のクロスを、マーカーに競り勝ったアザールが低いボレーで決めた。120秒後には早くも3点目のチャンスが訪れたが、アカンジのヘディングシュートはクラフトに抑えられた。

 

その後もBVBは自信あふれるプレーで試合を支配したものの、リードを更に広げることはできない。一方、反対側のゴール前では30分にルケバキオがビュルキにセーブを強いる。そして34分、右サイドでボールを拾ったそのルケバキオが中央に持ち込んでゴール前19メートルからシュート。これをダリダが触ってネットに収めた。ヘルタはこのゴールで息を吹き返したものの、主導権は引き続きBVBが握っていた。しかしアディショナルタイム1分の出来事が、試合の様相を一変させる。フンメルスがゼルケへのファウルでこの日2枚目のイエローをもらい、ピッチを去る。続くフリーキックはルケバキオが狙ったものの、サイドネット外側をたたいた。

 

後半開始直後、ヘルタがスコアを2-2とする絶好機を得る。しかし48分に決まったゼルケのゴールはビデオ判定の末、オフサイドがあったとして取り消された。BVBは10人で11人の相手を退けていたが、もはや試合を支配することはできず、ボールを奪ってすぐにミスパスで失うことも多かった。しかしなんとか踏ん張り、残り15分を切ってからは何度か得点チャンスもつくり出す。だが、ハキミがエリア内に入れた横パスには合わせられるチームメートがおらず、80分のビツェルのシュートは枠の外。その3分後にはゲレイロがゴールライン際からペナルティースポットにボールを戻したが、このチャンスも生かせる選手がいなかった。

 

4分間のアディショナルタイムに入り、ヘルタはカルーがヘッドで狙うも決まらない。アウェーチームは最後まで気迫の守備を見せ、終了間際のピンチもしのいで勝ち点3をもぎ取った。

 

試合を時系列でチェックするにはこちらをクリック(ドイツ語)

 

今後の日程:
次節は7日、フォルトゥナ・デュッセルドルフをホームに迎える(日本時間23時30分キックオフ)。ここからBVBは再び過密スケジュールに突入し、ホームでスラビア・プラハ、アウェーでマインツ、ホームでライプツィヒ、そしてアウェーでホッフェンハイムと激突する。

 

メンバー&ゴール:
ブンデスリーガ第13節
ヘルタBSC 1-2(前半1-2)ボルシア・ドルトムント

 

 

ヘルタBSC:クラフト;シュターク(68分 ディルロスン)、ボヤタ、レキク;ボルフ、シェルブレッド、ミッテルシュタット;グルイッチ、ダリダ(78分 カルー);ルケバキオ(68分 イビシェビッチ)、ゼルケ
ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;アカンジ、フンメルス、ザガドゥ;ハキミ、ブラント、ビツェル、ゲレイロ;ロイス(90+2分 ゲッツェ)、サンチョ(90+1分 シュメルツァー);アザール(84分 ピシュチェク)
控え:スマルシュ、クリュンター、ケプケ、プラッテンハルト、マイアー、トルナリガ(ヘルタ);ヒッツ、ダフート、シュルツ、バレルディ、モレイ、ラシュル
ゴール:サンチョ(15分 ブラント)、アザール(17分 ハキミ)、ダリダ(34分 ルケバキオ)
チャンス数:6-4(前半3-3)  CK数:2-2(前半1-1)
主審:ヤブロンスキ(ブレーメン)  退場:フンメルス(45分、2度目の警告)  警告:グルイッチ、ダリダ、イビシェビッチ
観客数:7万4467人(満員)  天候:乾燥、気温3度

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ ドイツ訪問編Vol.01

2019.12.14

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ ドイツ訪問編Vol.01

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形さんのブログを更新! 今回は尾形さんのドイツ訪問が実現したということで「ドイツ番外編」の第1回をお届けします。   ド 続きを読む>>

再びブンデスリーガに集中

2019.12.13

再びブンデスリーガに集中

SKスラビア・プラハを倒し、 続きを読む>>

マインツ遠征に好印象のBVB

2019.12.13

マインツ遠征に好印象のBVB

ボルシア・ドルトムントは14日のブンデスリーガ次節で1FSVマインツ05のホームに乗り込む(日本時間23時30分キックオフ)。オペル・アレーナで行われる試合について、興味深い 続きを読む>>