ニュース

2020.5.17

4-0:リーグ再開初戦のダービーに圧勝

4-0:リーグ再開初戦のダービーに圧勝

ボルシア・ドルトムントが第156回ルールダービーに勝利!ブンデスリーガ再開初戦でFCシャルケ04に4-0と圧勝し、首位バイエルン・ミュンヘンに暫定ながら1ポイント差に接近した。ラファエル・ゲレイロが2ゴールを決めたほか、アーリング・ホーランドとトルガン・アザールが得点している。

 

戦前の状況:
第26節は新型コロナウイルス感染症の大流行による70日間の中断後に行われた。2位のBVBは今年に入ってからの8試合で7勝し、バイエルンに並び最多の27ゴールを奪っていた。一方、6位のシャルケはリーグで勝ち星から最も遠ざかっており、今年初戦でグラッドバッハを2-1で下したのを最後に勝てていなかった。

 

チーム情報:
BVBではロイス、ビツェル、ジャン、ザガドゥ、シュルツが負傷欠場。8試合に途中出場していた17歳のレイナは初先発の予定だったが、ウォーミングアップ中に負傷してプレーできなくなった。代わってアザールが先発し、サンチョは練習不足のためベンチに回った。U-23チームのクリス・フューリッヒは、初のメンバー入りを果たしている。

 

 

戦術:
ビツェルとジャンの負傷欠場に伴い、戦列を7カ月半離れていたディレイニーが復帰し、ダフートと中盤の底で新しいコンビを組んだ。フォーメーションは3-4-3ながら、ハキミ、そして時にゲレイロが下がって4バックまたは5バックを形成するなど、柔軟に変形した。アザールとブラントはセンターのホーランドを挟んで両ウイングに張った。シャルケも3バック、4バック、5バックの間で変動。序盤からハイプレスをかけたことで背後にスペースを残した。特に右サイドではオーバーラップしたハキミとアザールにスペースを突かれた。

 

試合の展開と分析:
久々の試合とあって、両チームとも慎重にスタート。その中でもBVBは数的有利な状況をたびたびつくる一方、ディレイニーを中心とする守備陣はピンチとなると素早く帰陣した。

 

最初のチャンスが生まれたのは12分。ハキミが右サイドからペナルティーエリア内へクロス。そこへホーランドが駆け込むも、シャルケのディフェンダーが身をていして防いだ。24分にはコーナーキックのチャンスでホーランドが中央左寄りから狙うも、シュートはサイドネットを外から揺らした。

 

26分、今度はBVBのクリアミスからシャルケに決定機が生まれ、カリジュリがシュートを放ったものの、守護神ビュルキが脚を伸ばして阻止。これを除けばBVBのペースで試合は進み、3分後には待望の先制点が生まれる。自陣内でボールを奪い返したピシュチェクが起点となり、ブラントが右サイドへ展開。アザールが相手をかわして完璧なクロスを入れると、ホーランドが鮮やかにネットを揺らした。

 

 

追加点を奪ったのは前半終了間際。ホーランドのプレッシャーを受けたGKシューバートのクリアボールを、ダフートがインターセプト。そしてブラントがタイミングを計ったラストパスを入れると、ゲレイロがフィニッシュをゴール下隅に流し込んだ。

 

2点をリードされたシャルケは、後半開始から攻撃のカード2枚を同時投入。ブルクシュタラーとマトンドがトディボとラマンに代わって入った。フォーメーションも4-4-2に変更したが、3分後にゴールを奪ったのはホームのBVB。ディレイニーが自陣の深い位置でボールを奪い、最後はブラントが見事なラストパスを出すと、アザールがワンタッチで高速カウンターを締めくくった。

 

2点目と3点目をベストなタイミングで奪いながらも、BVBは集中を保ち続け、63分に第156回ダービーに事実上決着をつける。攻撃の起点となったのはブラントで、ゲレイロがホーランドとのワンツーを経てアウトサイドでシュート。これがシューバートを破り、スコアは4-0に。残り30分はBVBがギアを落として練習試合のようになり、終了を待つばかりとなった。

 

メンバー&ゴール
ブンデスリーガ第26節

ボルシア・ドルトムント 4-0(前半2-0) FCシャルケ04
ボルシア・ドルトムント:
ビュルキ;ピシュチェク、フンメルス、アカンジ;ダフート(87分 ゲッツェ)、ディレイニー(68分 バレルディ);ハキミ、アザール(79分 サンチョ)、ブラント、ゲレイロ(87分 シュメルツァー);ホーランド
FCシャルケ04:
シューバート;トディボ(46分 ブルクシュタラー)、サネ、ナスタシッチ;ケニー(87分 ベッカー)、マッケニー、ゼルダー(74分 シェプフ)、オクツィプカ;ハリト;カリジュリ(76分 ミランダ)、ラマン(46分 マトンド)
ベンチ:
ヒッツ、ラシュル、モレイ、レイナ、フューリッヒ(BVB);ニューベル、メルジャン、クトゥジュ
ゴール:
ホーランド(29分 アザール)、ゲレイロ(45分 ブラント)、アザール(48分 ブラント)、ゲレイロ(63分 ホーランド)
CK:4-2(前半4-0)、好機:7-2(前半4-1)
主審:アイテキン(オーバーアスバッハ) 警告:ディレイニー、ピシュチェク;サネ、マトンド
天候:晴れ、気温16度

 

今後の日程:
来週日曜日はVfLボルフスブルクとアウェーで対戦する(日本時間23日22時30分キックオフ)。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2020.8.9

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2015年7月6日、ボルシア・ドルトムントが東京に降り立った。羽田空港では約1000人のファンがチームを熱烈に出迎え、選手たちもサインや写真撮影などのファンサービスに応じた。 続きを読む>>

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

2020.8.9

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

新戦力DFトーマス・ムニエは早くも練習でその高い集中力とエネルギッシュなチェイス、正確なタックルを見せている。ピッチ上の自らを働き者と形容す 続きを読む>>

トビアス・ラシュル:大舞台へ

2020.8.8

トビアス・ラシュル:大舞台へ

黒黄軍団の2019/20シーズン最初のゴールを決めた11か月後、トビアス・ラシュルは波乱に満ちたシーズン最後の交代選手としてピッチに立った。 続きを読む>>