ニュース

2018.12.9

2-1:ディレイニーとサンチョが決めてダービー制す

2-1:ディレイニーとサンチョが決めてダービー制す

ダービー勝利! リーグ首位キープ! さあ祝杯を挙げよう! ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第14節で宿敵FCシャルケ04との第153回レビアダービーに臨み、敵地で2-1と見事に勝利。国内戦でのシーズン無敗記録をさらに伸ばした。

 

レポート:ボリス・ルパート(ゲルゼンキルヘン)

 

チケット完売、6万1767人で埋め尽くされたフェルティンス・アレーナで、BVBは7分に早くもトーマス・ディレイニーのゴールで先制。試合を完全に支配しながら追加点が奪えず、60分を回ったところでビデオ判定によるPKでダニエル・カリジュリに同点ゴールを許したが、残り15分にジェイドン・サンチョが決め、勝利をもぎ取った。

 

戦前の状況:
3年前の2015年11月に3-2と勝利して以来、BVBはシャルケに対して4分け1敗。ブンデスリーガの直近5試合で1敗のみ、勝ち点14の12位で今回のダービーを迎えたシャルケに対し、首位を走るBVBはリーグ4連勝中だった。

 

 

チーム情報:
BVBはクリスティアン・プリシッチがメンバーに復帰。ダン=アクセル・ザガドゥは負傷欠場のため、代わってマヌエル・アカンジがセンターバックを務めた。SCフライブルクに2-0と勝利した前節からはさらに1人が入れ替わり、マリオ・ゲッツェがベンチに回ってパコ・アルカセルが先発に入った。

 

戦術:
シャルケは中盤をダイアモンド型にする4-4-2のフォーメーションで高い位置からプレッシング。前線のマッケニーとブルクシュタラーが最初の守備ラインとなり、ハリト、ベンタレブ、シェプフがすぐその後ろに立ちはだかった。BVBはいつもの4-2-3-1で、素早くそして低くボールをつないで突破口を探った。ビルドアップの際はディレイニーが頻繁にアカンジとアブドゥ・ディアロの間に下がり、サイドバックのウカシュ・ピシュチェクとアシュラフ・ハキミが上がって中盤に数的優位な状況をつくった。

 

試合の展開と分析:
試合開始の笛が吹かれた直後から激しく熱い、白熱のダービーが展開された。しかしブラック&イエローは、あくまでも自分たちのプレーに徹し、相手に敬意を示した。最初に警告を受けたのはピシュチェク。続いてシャルケのオツィプカとサネが、BVBが主導権を握った前半に主審からイエローカードを提示された。

 

先制ゴールは7分、シェプフのハキミに対するファウルで与えられたフリーキックから生まれた。マルコ・ロイスがこれをインスイングでペナルティーエリア内のディレイニーに合わせると、サネのマークを外したディレイニーが、ゴール前6メートルの位置から頭でネット左上に収めた。アウェーのBVBは2分にもハキミが惜しいシーンをつくり、15分にはアルカセルも16メートルの強烈な一撃を放ったが、わずかに枠の外だった。

 

 

一方のシャルケは前半、流れのなかから一度も得点チャンスをつくれなかったが、28分にコーナーキックから同点ゴールに迫る。しかしここはロマン・ビュルキが見事なセービングで阻止した。リスタート後も状況は変わらず、BVBが試合を支配するも、懸命に走るシャルケにスペースを消されて、追加点のチャンスがつくれない。結局このまま1-0と、BVBがわずかなリードを保ってハーフタイムに突入した。

 

 

後半に入り、60分が近づく頃、エリア内でロイスとハリトが交錯。ビデオ映像も確認したジーベルト主審が最終的にPKスポットを指差す。これをカリジュリがゴール下隅に収め、シャルケが勝負を振り出しに戻した(61分)。

 

その後はシャルケが引いて守ったため、BVBはなかなかボールを危険地帯に入れられなかった。しかし74分、ようやくサンチョが左サイドを駆け上がり、途中出場のラファエウ・ゲレイロとのワンツーから冷静にファーコーナーを撃ち抜いた。その5分後には勝負を確実とするビッグチャンスが訪れたものの、ロイスの一撃はシャルケの守護神フェアマンが素晴らしい反応で阻止。アウェーのBVBはさらにいくつか好機を迎えるも、いずれも決めきれず、85分にはゲレイロのシュートもポストを直撃。ただシャルケも危険な場面はつくれず、そのままBVBが勝利を手にした。

 

試合を時系列で振り返るにはこちらをクリック(ドイツ語)

 

今後の日程:
次はUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ最終節。アトレティコ・マドリーを抑えて首位でグループを突破するには、敵地でASモナコに勝利する必要がある。ブンデスリーガの次節は15日で、すでにチケットが完売しているジグナル・イドゥナ・パルクにベルダー・ブレーメンを迎える。

 

メンバー&ゴール
2018年12月8日 ブンデスリーガ第14節
FCシャルケ04 1-2(前半0-1) ボルシア・ドルトムント

 

FCシャルケ04:フェアマン;カリジュリ、サネ、ナスタシッチ、オツィプカ(76分 コノプリャンカ);ルディ;シェプフ、ハリト;ベンタレブ(55分 セルダー);ブルクシュタラー(36分 メンディル)、マッケニー
ボルシア・ドルトムント:ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、ディアロ、ハキミ;ビツェル、ディレイニー;サンチョ(88分 プリシッチ)、ロイス、ブルーン・ラーセン(62分 ゲレイロ);アルカセル(77分 ゲッツェ)
ベンチ:ニューベル、スタンブリ、トイヒャート、ナウド(シャルケ);ヒッツ、ダフート、フィリップ、トプラク(BVB)
ゴール:ディレイニー(7分 ロイスのFK)、カリジュリ(61分 ロイスのハリトへのファウルで得たPK)、サンチョ(74分 ゲレイロ)
CK:3-1(前半2-0) 好機:2-6(前半1-3)
主審:ジーベルト(ベルリン) 警告:オツィプカ、サネ、ナスタシッチ、ルディ(シャルケ);ピシュチェク、ハキミ、ロイス(BVB)
観客数:61767人(チケット完売) 天候:雨、気温8度

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間に 続きを読む>>

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

2019.1.22

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

ボルシア・ドルトムントは21日、U-23チームを率いるヤン・ジーベルト監督との契約の即時解除に応じた。レギオナルリーガ西部で戦うBVBのリザーブチームを1年半にわたって指導し 続きを読む>>

勝ち点3以上の価値ある勝利

2019.1.21

勝ち点3以上の価値ある勝利

ボルシア・ドルトムントは敵地ライプツィヒで貴重な勝ち点3と大きな収穫を手に入れた。この日のBVBは極めて重要な選手の不在というアクシデントを乗り越えただけでなく、守備でも多く 続きを読む>>