ニュース

2019.10.27

0-0:精彩欠きシャルケとドロー

0-0:精彩欠きシャルケとドロー

6万2271人のファンの前で行われたボルシア・ドルトムントとFCシャルケ04による第155回ルール・ダービーは、0-0(前半0-0)のドローに終わった。

 

レポート:ボリス・ルパート(ゲルゼンキルヘン)

 

両チームとも終始慎重に戦い、その中でシャルケはゴール枠を2度叩くなど、BVBよりもゴールに近付いた。BVBには3つのチャンスがいずれもジェイドン・サンチョに訪れた。

 

戦前の状況:
第8節終了時点で、上位9チームは2ポイント差の中にひしめき合っていた。両者はこの中に含まれ、シャルケは勝ち点14の7位、BVBは勝ち点15の4位だった。ダービーの通算成績はシャルケの60勝53敗。ただし、ブンデスリーガに限ればBVBの33勝32敗だった。

 

 

チーム情報:
ミラノでの0-2の敗戦と3日に1試合の過密日程を受け、ファブレ監督は先発メンバーを今季最多の5人変更。体調不良のビュルキに代わってヒッツがゴールを守り、ピシュチェク、ゲレイロ、オリス、ゲッツェが先発してアカンジ、シュルツ、アザール、ブラントはベンチに回った(シュルツを除き途中出場)。ラシュルは初めてブンデスリーガの試合で登録メンバーに入った。

 

戦術:
シャルケは中盤ダイヤモンド型の4-4-2。慎重に戦い、攻撃は基本的にカウンターとセットプレー頼みだった。一方、BVBは4-2-3-1。フンメルスとバイグルはそれぞれブルクシュタラーとマトンドをマークした。ウインガーのサンチョとハキミは頻繁にサイドを入れ替え、ロイスはマスカレルの徹底マークに遭った。ワントップに入ったゲッツェはザネとスタンブリのセンターバックコンビに対峙した。

 

 

試合の展開と分析:
前半はBVBがボール支配率で上回ったが、パスが不正確で得点機をつくれず、決定的なチャンスはほとんどなかった。3分、ゲレイロのパスにサンチョが抜け出すも、17メートルのシュートはニューベルに阻止された。これがアウェーチームにとって前半最大のチャンスとなった。

 

BVB守備陣がミスを重ねるにつれ、シャルケは徐々にリズムをつかみ出した。前半の間に2本のシュートをゴール枠に阻まれた。28分にはザネがクロスバーを直撃。ゼルダーが34分に放ったシュートはポストの内側を叩いた。前半終了間際にはマトンドがキーパーと1対1になったものの、ヒッツが止めた。ただし、このプレーはもともとオフサイドだった。コーナーの場面ではマトンドがビツェルの前に入り、196センチのザネをマークさせないようにした。

 

 

後半に入ってからもシャルケはCKを武器にし続け、47分にはブルクシュタラーがフリーでヘッド。これはゲレイロがゴールライン上でクリアした。BVBはボールを奪われ続け、49分にはマトンドが抜け出したが、再び旗が上がった。

 

BVBがようやく次のチャンスをつくったのは53分。サンチョがゲッツェとのワンツーから狙うも、わずかに横へそれた。ゲッツェは手を負傷し、検査のため病院へ。代わって入ったアザールがワントップに入り、ロイスと頻繁に入れ替わった。75分にはディレイニーに代わってアカンジが入り、ボールロストを減らすべくバイグルが中盤に上がった。73分にサンチョに3つ目のチャンスが訪れたものの、これもニューベルにセーブされた。

 

残り時間が少なくなるとBVBが攻勢を強め、シャルケのペナルティーエリア内に繰り返し侵入。ロイスはヘディングを外し、アザールも枠をとらえきれなかった。試合はアグレッシブさも増し、83分にはザネがロイスを両足タックルで倒したが、警告にとどまった。

 

試合を時系列でチェックするにはこちらをクリック

 

今後の日程:
このダービーは、21日間で行われる7試合のうち3試合目。今後は水曜日に行われるボルシア・メンヘングラットバッハとのDFBポカールの試合(日本時間31日午前4時45分キックオフ)を皮切りに、ホーム3連戦が始まる。来週土曜日はブンデスリーガのVfLボルフスブルク戦(同11月3日23じ30分)、次の火曜日にはインテル・ミラノを迎えるUEFAチャンピオンズリーグの一戦(同11月6日午前5時)が控えている。

 

メンバー&ゴール:
ブンデスリーガ第9節

FCシャルケ04 0-0(前半0-0) ボルシア・ドルトムント

 

FCシャルケ04:ニューベル;ケニー、スタンブリ、サネ、オツィプカ;マスカレル;カリジュリ(シェプフ 84分)、ゼルダー;ハリト;マトンド(クトゥジュ 80分)、ブルクシュタラー(カバク 90+1分)
ボルシア・ドルトムント:ヒッツ;ピシュチェク、バイグル、フンメルス、ゲレイロ;ビツェル、ディレイニー(アカンジ 74分);サンチョ、ロイス、ハキミ(ブラント 86分);ゲッツェ(アザール 58分)
ベンチ:シューバート、ミランダ、ナスタシッチ、ウート、ラマン、メルジャン(シャルケ);エルシュレーゲル、ザガドゥ、ダフート、シュルツ、ブルーン・ラーセン、ラシュル
ゴール:なし
好機:4-3(前半2-1)、CK:8-2(前半5-1)
主審:ブリヒ(ミュンヘン)、警告:スタンブリ、サネ、クトゥジュ(シャルケ);バイグル、アザール(BVB)
観客数:6万2271人(チケット完売)、天候:晴れ、気温19度

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2019.11.14

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2001年から2006年までボルシア・ドルトムントに在籍し、2002年のブンデスリーガ制覇に貢献したヤン・コレル氏が11月に初来日を果たした。BVBのアンバサダーとして日本で 続きを読む>>

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

2019.11.13

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

ボルシア・ドルトムントのレジェンド、ヤン・コレル氏(46)が来日し、11月7日から11月9日まで日本で様々な活動を行った。   続きを読む>>

新しくてエキサイティングな冒険

2019.11.13

新しくてエキサイティングな冒険

マテウ・モレイは体格面で恵まれていないかもしれないが、類まれなサッカーの頭脳とセンスの持ち主だ。そして何よりも大切なことに、この世界で極めて高く評価される資質、つまり相手から 続きを読む>>