ニュース

2017.12.7

走行距離など主要スタッツではマドリーを上回る

走行距離など主要スタッツではマドリーを上回る

ボルシア・ドルトムントは全員でレアル・マドリーを4km上回る119kmを走破。シュート数でも相手を圧倒し(21-8)、ボール支配率(62%)と1対1勝率(58%)でも上だった。そのほか、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節に関するデータを紹介する。

 

勇猛:BVBがベルナベウで2ゴールを奪ったのは3度目。しかし、これまでの2回は2-2で引き分けていたが、今回は勝ち点1獲得には不十分だった。

 

点取り屋:2得点したピエール=エメリク・オーバメヤンはBVBでの欧州カップ戦通算成績を44試合25ゴールとした。

 

 

序盤に2失点:BVBは12分までに2点を失った。これはUEFAチャンピオンズリーグで初めてのこと。

 

チーム精神:昨シーズン同様、BVBはベルナベウで2点ビハインドから2-2に追いつくという極めて難しいタスクに成功。ただ、今回は終盤に3点目を奪われて惜しくも敗れた。

 

3位:UEFAチャンピオンズリーグ史上初めて、BVBは勝ち点2でグループ3位を確保した。

 

【関連記事】
ヨーロッパリーグ・ラウンド32へ進出
U-19、マドリーに敗れてユースリーグ敗退
オーバメヤンの2発も実らず敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>