ニュース

2019.12.30

若手FWホーランドを獲得

若手FWホーランドを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、欧州で今最も注目されているノルウェー人若手ストライカー、アーリング・ブラウト・ホーランド(19)をザルツブルクから獲得した。契約は2024年6月30日までとなる。

 

BVBは移籍の完了に必要な手続きを期限内に行うことをザルツブルクに通知している。

 

「欧州のビッグクラブからも多くのオファーを受けていたが、アーリング・ホーランドは、BVBのプロジェクトに参加することを自身のキャリアにおける最善の選択肢として選んでくれた。我々の説得が報われたよ」とハンス・ヨアヒム・バツケCEOは話した。ホーランドおよび代理人と交渉を続けてきたスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクも、今回の契約に喜びを示した。「クラブの全員が、野心的で運動能力が高く、体も大きいセンターフォワードが来てくれることを楽しみにしている。ホーランドにはゴールへの真の嗅覚と圧倒的なスピードがあるが、ここドルトムントでさらなる進化を遂げてくれると信じている。まだ19歳なので、これから訪れる素晴らしいキャリアのスタート地点に立っているにすぎない」

 

古典的な9番タイプのホーランドはこの数カ月、その類まれな才能をいかんなく発揮。今シーズンはザルツブルクでリーグ戦14試合に出場し、16ゴール6アシストを記録したほか、UEFAチャンピオンズリーグでも6試合で8ゴール1アシストという素晴らしい成績を残した。

 

この数日、ドルトムントに滞在してクラブの雰囲気を味わい、練習施設も見学したホーランドは、次のようにコメントした。「クラブの首脳陣、特にハンス・ヨアヒム・バツケCEO、ミヒャエル・ツォルク、そしてルシアン・ファブレ監督と何度か真剣な話し合いをさせてもらった。もう最初からここに移籍したいと思ったよ。チームに加わり、ドルトムントのあの最高の雰囲気を感じながら8万人のファンの前でプレーする日が今から待ち遠しい。ものすごくワクワクしている」

 

ホーランドは1月3日にトップチームと合流し、翌日からスペインのマルベージャで行われる冬の合宿にも参加する。

 

【関連記事】
古参チームがインドア大会で3位入賞
パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.18
BVB公式LINEを友だち登録してお年玉プレゼントを手に入れよう!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「監督冥利に尽きる」

2020.1.23

「監督冥利に尽きる」

ブンデスリーガの2020年ホーム初戦に先立つ会見で、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が記者陣の質問に答えた。   続きを読む>>

500人超がファン代表者会合に参加

2020.1.22

500人超がファン代表者会合に参加

20日夜、すべての公式BVBファンクラブがジグナル・イドゥナ・パルクに集い、今シーズン2度目のファン代表者会合に出席した。260のファンクラグから、500人以上のBVBファン 続きを読む>>

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

2020.1.21

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントは21日、日本のサッカークラブ、いわてグルージャ盛岡と3年間のパートナーシップ契約に合意した。   続きを読む>>