ニュース

2020.2.24

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

ウインターブレーク明けのブンデスリーガで最高の結果を残しているボルシア・ドルトムント。BVB は敵地レバークーゼンで3-4と競り負けたものの、2020年に入ってからの6試合で勝ち点15を積み上げている。ブンデスリーガ後半戦でBVB以上に勝ち点を獲得しているチームはバイエルン・ミュンヘンしかいない。

 

敵地ブレーメンでのパフォーマンスも、チャンピオンズリーグを含め、1週間に3試合を行う“イングリッシュウィーク”のラストを白星で締めくくるには、こういうプレーが必要という類のものだった。ブラック&イエローは集中力が高く、組織的でクレバーなサッカーを展開すると、ダン=アクセル・ザガドゥとアーリング・ホーランドの見事なゴールが生まれた。後半のタックル成功率は60%を記録したが、これはブレーメンに押し込まれ、総走行距離でも劣勢に立たされていた前半と比べて内容が改善したことの証だった。

 

 

後半から本領を発揮

 

ベテランのアクセル・ビツェルは「チャンピオンズリーグからの連戦は簡単ではない」と語った。「前半はゲームをコントロールできず苦しんだけど、後半はいつも通りの戦いができた」。一方、ルシアン・ファブレ監督は「我々は冷静さを失うことなく、落ち着いてプレーした」とコメント。中盤でビツェルとコンビを組んだエムレ・ジャンも「こういう試合では辛抱強く戦うことがとても重要だ。今日は非常に成熟したパフォーマンスを見せることができた」と振り返った。

 

勝ち点を45に伸ばしたBVBは、首位バイエルン(49)と2位ライプツィヒ(48)を背後から追走している。ただし、勝ち点43のボルシア・メンヘングラットバッハが1試合多く残しているため、あくまで暫定3位という事実を忘れてはならない。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「この1週間には満足」
ホーランドがまたしても記録更新
「最初のゴールが大きかった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

2020.4.5

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

アクラフ・ハキミのテクニックが炸裂!モロッコ代表ディフェンダーはボルシア・ドルトムントの代表としてバーチャル大会『ブンデスリーガ・ホーム・チャレンジ』の第2戦でホルシュタイン 続きを読む>>

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

2020.4.4

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

ボルシア・ドルトムントは新型コロナウイルスとの戦いをサポートすべく、ドイツ最大のサッカースタジアムを提供する決断を下した。ジグナル・イドゥナ・パルクの北スタンドは4日以降、B 続きを読む>>

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

2020.4.4

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

現時点でお知らせすべきスポーツ関連ニュースはあまりないが、3月31日に開かれたドイツサッカーリーグ(DFL)の通常総会により、ブンデスリーガの出場可能年齢が2020-21シー 続きを読む>>