ニュース

2016.9.29

若きチームで王者との過酷な試練をクリア

若きチームで王者との過酷な試練をクリア

レアル・マドリーと引き分けながら満足しきらないチームというのは、非常に珍しい。しかし、UEFAチャンピオンズリーグ王者と2-2で引き分けたボルシア・ドルトムントは勝ち点1を喜ぶ一方、勝つことも十分できたと感じないわけにはいかなかった。

 

「2回リードされながらも負けなくてよかった。だが、もっとやれたような気がする」と試合後に感想を述べたトーマス・トゥヘル監督は、特に立ち上がりからレアル・マドリーに対して攻勢に出た前半にリードを奪えたはずだったと感じたようだ。「ボールを与えなければ相手は苦しくなるだろう」。試合前にこう語っていたゴンサロ・カストロは、正しかったことが証明された。

 

前半のBVBのボール支配率は64%に達し、シュート数でマドリーを10対2と圧倒。得点機の数でも6対2と大きく上回った。ところがスコアは1-1どまり。17分に先制点を奪ったのはアウェーチームのエース、ロナウドだった。「思いがけない失点」だったとトゥヘル監督は言う。

 

前半終了の2分前、ピエール=エメリク・オーバメヤンが試合を振り出しに戻す。マドリーのGKナバスがゲレイロのFKをキャッチできず、リバウンドがバランの頭に跳ね返ってきたところに詰めた。

 

「キーパーはしっかりキャッチするか弾き出すべきだった。あれはミスだね」と、試合を観戦していたドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督はSkyに語っている。

 

シュールレの同点ゴールを喜び合うBVB戦士たち

 

BVBは後半に入ってからも主導権を手放さず、勝ち越しのチャンスを何度かつくる。しかし、68分に次のゴールを奪ったのはマドリー。バランが決めて2-1とした。「このままでは逆転は無理ではないかと感じる時間が続いていた。2つのビッグチャンスが訪れたあと、我々は急におとなしくなり、いいポジションを見つけられなくなってしまった。簡単にボールを失うようになり、リズムは完全に乱れていた」とトゥヘル監督は2失点目の前の時間帯を振り返る。

 

そう感じた指揮官はアンドレ・シュールレを投入していた。VfLボルフスブルクから新加入したMFは、この2週間ケガで戦列を離れていた。だが、58分にマリオ・ゲッツェと交代でピッチに入ると、終了3分前に左足の強烈な一撃をネットに突き刺して2-2とした。「南スタンドの前で決められて最高の気分だった。本当に楽しかったよ」と“シュー”は試合後にコメントした。この引き分けにより、BVBはグループF首位の座をキープ。そして欧州王者のドルトムントでの初勝利を阻止した

 

BVBの方が内容で上回っていたと、世間もみているようだ。「60分にわたりトップレベルのサッカーを披露 ― 主導権を握ってチャンスをつくり、レアル攻撃陣の脅威をよく抑えていた。ボルシア・ドルトムントは時折素晴らしいプレーを見せた」。こう書いたシュピーゲル・オンラインは、次のように続けている。「時にミスもあったが、ドルトムントのプレーテンポは目覚ましかった」

 

「ボルシア・ドルトムントの新戦力らは、この厳しいテストを好成績でパスした」と中部ドイツ新聞は評価。スペインのマルカ紙はこう嘆いた。「1週間で3引き分け:レアルはまだ黄熱にあえいでいる。またしても黄色いチームに苦しめられ、試合を支配したドルトムントに対し、またしてもドローという結果に終わった」

 

シュールレは前向きに試合を総括した。「ビッグクラブが相手でも、あらゆる面で対抗できると確信できた」。トゥヘル監督の見方はこうだ。「今日はブンデスリーガと同じようなスピードとテンポでプレーできるのかどうかを見たいと思っていた。ある時間帯はそれができていた」

 

中盤の底で奮闘したバイグル

 

ユリアン・バイグルは2-2のスコアに納得しきっていない様子だ。「試合の大部分で僕らはいい感じで、レアルよりボールをキープし、前線では常に相手を脅かした。レアルは決定力があり、僕らより少ないチャンスをものにした。僕らは勇敢に戦い、この若いチームでもベストのチームに太刀打ちできることを示した」

 

レアル・マドリーとのリターンマッチは12月7日。BVBはサンティアゴ・ベルナベウで勝ったことがない。少なくともこれまでは…

 

【関連記事】
2-2:土壇場のゴールで勝ち点1を奪取
レアルに対してホームで無敗
トゥヘル監督:「結果はOK、この調子で行こう!」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ボルシアMG戦の予想スタメン

2017.9.23

ボルシアMG戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは土曜夜のブンデスリーガ第6節でホームにVfLボルシア・メンヘングラットバッハを迎える(日本時間24日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバー 続きを読む>>

3日に1試合のペース続く

2017.9.22

3日に1試合のペース続く

ボルシア・ドルトムントは23日にブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハをホームに迎えるが、ペーター・ボス監督はまだチーム状況についてコメントしていない。「昨日 続きを読む>>

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>