ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.10.31

良い面を見て今後の試合に備えるべき

良い面を見て今後の試合に備えるべき

ブンデスリーガで4試合勝ち星なしとなり、首位バイエルン・ミュンヘンに勝ち点8差をつけられたボルシア・ドルトムント。しかし0-0の引き分けに終わったシャルケとのレビアダービーには、いくつか前向きな要素があった。

 

10月に獲得した勝ち点を数えてみると、その数字はかなり控えめだ。4週間前にフライブルクを下した時点では勝ち点12で2位につけていたBVBだが、その後に消化した4試合で積み上げた勝ち点は3ポイントのみ。30日の試合でケルンがハンブルクに勝利すれば、BVBは6位に落ち着くことになる。しかしこれを危機と呼ぶのは時期尚早だろう。「まだ危機ってわけじゃない」とシャルケ戦の試合後、ロマン・ビュルキも話した。「このチームは若いし、ケガ人がたくさんいる。毎試合で勝ち点を狙い、常に勝利を目指して戦っていく。状況は変わるはずさ」。この数週間の、軽いスランプをビュルキはそう説明した。

 

「進歩し続けないといけない」

 

 

現実的に見ると、確かにこれは正しい分析だ。BVBは最近の試合を最高で10名を欠いて臨んできたが、故障者の数は徐々に減ってきている。それでも29日の試合ではゴンサロ・カストロ、マルセル・シュメルツァー、スベン・ベンダー、マルコ・ロイス、ネベン・スボティッチ、エリック・ドゥルムと主力6名が欠場。さらに世界王者アンドレ・シュールレと欧州王者ラファエウ・ゲレイロはケガ明けで限られた時間しかピッチに立てず、ピエール=エメリク・オーバメヤンはカップ戦で負ったケガを押してプレーしなければならなかった。

 

これは、リーグで調子を取り戻し、ダービーで最高にモチベーションを高めている宿敵を倒すことを目指す試合(ビュルキいわく「勝つことが唯一の目標となる対戦」)に臨むのにベストなコンディションとは言えない。今、試合で大きな仕事を任されているのは、才能にあふれた若手たちだ。しかし当然ながら、毎試合それをこなすのは不可能であり、フェリックス・パスラックやクリスティアン・プリシッチ、ウスマヌ・デンベレといった10代の選手たちに責任を求めるのは酷というものだろう。「シャルケ戦ではゴール前での積極性が足りなかった」とデンベレは振り返った。至近距離からのシュートをクロスバーに当ててしまい、BVBに巡ってきた最大のチャンスを仕留められなかったデンベレだが、これも簡単なボールではなかった。それでも若きフランス人FWは、「進歩し続けないといけない」と話した。

 

「さらに強くなれる」

 

DFマティアス・ギンターも同じように感じている。「自分たちの長所にもう一度集中し、シンプルなプレーに徹する必要がある」と試合後にコメントしたギンターだが、一方で現状をポジティブにとらえている。「残念ながらリーグ戦では少し勢いが衰えているけど、この若いチームが苦境を切り抜ける経験は悪いものじゃない。これを越えればさらに強くなれる」

 

 

シャルケ戦では確かに収穫もあった。「僕らは無失点で試合を終えた。僕らは、この良かった面に注目するべきだ」とビュルキは言う。トーマス・トゥヘル監督もこれに同調する。「後半はグッと内容が良くなり、スペースをうまく使えるようになってテンポアップできた。守備でのミスもほとんどなかったね。後半の出来には非常に満足しているよ」

 

「すぐにまたオプションが増える」

 

これらすべてのことは、この先に控える試合でも忘れてはならない。11月2日にはUEFAチャンピオンズリーグでスポルティングCPと、5日にはブンデスリーガでハンブルガーSVと対戦するが、どちらも厄介な相手であることは間違いない。「ポルトガルでの初戦を振り返ればわかるけど、簡単なことではない」とギンターは言う。「それでもあの試合では、自分たちに何ができるのかを示した。だから自信を持っているよ」。ハンブルクはシーズン開幕で出遅れたものの、今回のBVBとのホームゲームでは貴重な勝ち点3を奪おうと士気を高めているはずだ。

 

この2試合のあとは代表マッチウィークに入り、国内戦はしばしお休みとなる。おそらくは時間が故障者の問題を解決してくれるはずだ。「故障している選手の一部が早く戻って来てくれるといいね。そうなれば、またオプションが増える」とビュルキが言うように、ほとんどの選手が戦列に復帰し、調子を取り戻したときに、我々のシーズンは本当の意味でスタートするのかもしれない。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

【関連記事】
ギンター:「前半はリズムをつかめなかった」
ビュルキ:「無失点という良い面に注目を」
「後半の出来には非常に満足」
バツケCEOがファンに感謝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

グループ首位通過を懸けた一戦

2016.12.6

グループ首位通過を懸けた一戦

欧州王者レアル・マドリーに勝ち点2差をつけ、UEFAチャンピオンズリーグ・グループFの首位で第6節を迎えることになったボルシア・ドルトムント。両チームはすでにラウンド16進出 続きを読む>>

ロイスとオーバの魔法が再び炸裂

2016.12.5

ロイスとオーバの魔法が再び炸裂

ボルシア・ドルトムントが 続きを読む>>

シャヒン、2週間で復帰の見通し

2016.12.4

シャヒン、2週間で復帰の見通し

ボルシア・ドルトムントのトルコ代表MFヌリ・シャヒンが3日の 続きを読む>>