ニュース

2017.7.8

練習初日はパフォーマンス測定

練習初日はパフォーマンス測定

DFBポカール決勝でアイントラハト・フランクフルトに2-1と勝利してから41日、ボルシア・ドルトムントのトップチームの選手たちがペーター・ボス新監督の下で新シーズンに向けた準備をスタートさせた。

 

練習初日となった7月7日の主なメニューはパフォーマンス診断で、ザールブリュッケン大学のスポーツ科学チームによる乳酸値テストのほか、内科検診と体力測定も実施。選手たちは休憩時間に写真撮影およびサイン書きもこなした。

 

パフォーマンス測定は5つのグループに分かれて行われたが、故障中のマルコ・ロイス、ユリアン・バイグル(チームメートたちに挨拶するために顔は出した)、香川真司、ラファエウ・ゲレイロは欠席。U-21 EUROで優勝したマフムート・ダフートとマキシミリアン・フィリップ、そしてギリシャ代表チームでプレーしていたソクラティスもまだ休暇中のため、この日は参加しなかった。

 

一方、復帰間近のマリオ・ゲッツェはすべてのプログラムをこなし、ピエール=エメリク・オーバメヤンやウスマヌ・デンベレと共に笑顔を見せた。新加入のダン=アクセル・ザガドゥとエメル・トプラクもプレシーズンがスタートしたことに喜びを示した。8日からはボールを使ったトレーニングが始まる。バイヤー・レバークーゼンからBVBにやってきたトプラクは、「皆が本当に温かく迎えてくれた。ここがものすごく気に入ったよ」とコメントしている。

 

チームは8、9、10日とピッチでのトレーニングをやったのち、11日にはエッセンでプレシーズン最初の親善試合に挑む(日本時間12日2時キックオフ)。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
5万4934人のBVBファンがシーズンチケットを更新
復帰目前のゲッツェ、ファンに感謝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「いつかは必ず復調できる」

2017.11.18

「いつかは必ず復調できる」

シュツットガルトでの試合を終え、BVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、前半の戦いにはポジティブな部分もあったとコメント。しかし後半は不満のたまる内容 続きを読む>>

オルナテッリのFKでエッセンに勝利

2017.11.18

オルナテッリのFKでエッセンに勝利

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは同じルール地方のロート=バイス・エッセンにアウェーで競り勝ち、レギオナルリーガ西部後半戦を白星でスタートした。照明の下、凍える寒さのな 続きを読む>>

「前半は比較的良かった」

2017.11.18

「前半は比較的良かった」

「序盤に失点したあと、いいパフォーマンスを見せてくれたが、詰めだけが欠けていた」。シュツットガルトでの試合後、ペーター・ボス監督はこう総括した。一方、マルセル・シュメルツァー 続きを読む>>