ニュース

2018.4.13

第152回レビアダービー:今回こそ勝利を

第152回レビアダービー:今回こそ勝利を

宿敵FCシャルケ04に対し、ここ20年間では最長となる6戦無敗を維持しているボルシア・ドルトムント。今回で152回目を数えるレビアダービーの興味深いデータを以下にまとめた。

 

レビアダービーに関するデータ
・ブンデスリーガのレビアダービーではBVBがシャルケに勝ち越している(32勝30敗)。
・ダービーの直近4試合はドローに終わっているが、5試合続けて引き分けたことは一度もない。
・シャルケはBVBをホームに迎えたブンデスリーガの直近11試合で、毎回1得点1失点以上を記録している。
・0-0で終わったレビアダービーは過去10回を数え、ブンデスリーガではスコアレスドローが最も多いカードになる。

 

シャルケに関するデータ
・ここまで勝ち点52を獲得しており、すでに昨シーズン(43)を上回っている。
・シーズン通算の敗戦はFCバイエルン・ミュンヘン(3敗)とBVB(6敗)に次いで少ない7敗。
・今シーズン獲得したPKはリーグ最多の9本。
・ホームで3連勝中。シーズン通算ではバイエルン(12勝)の次に多い8勝を挙げている。

 

BVBに関するデータ
・直近14試合でわずか1敗。
・シーズン通算勝利数(14)はリーグ3位。
・先にゴールを奪った直近11試合で負けていない。
・アウェーゲームの直近7試合で1敗にとどまり、シーズン通算でもリーグ最少タイの3敗しかしていない。

 

 

【関連記事】
心技一体でシャルケに立ち向かえ
プリシッチ:「来週もゴールを狙いにいく」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

2018.12.15

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

偉大なBVB戦士とのお別れの時がやって来た。ベルダー・ブレーメンをホームに迎える土曜日の試合を前に、8万1365人の観客に埋め尽くされる見込みのジグナル・イドゥナ・パルクで、 続きを読む>>