ニュース

2017.8.7

稀代の快足FWはプロの鏡

稀代の快足FWはプロの鏡

身長180cm。プロフットボーラーの見本とも言うべき選手で、愛妻はクリスティンさん。1942年8月7日にズデーテンラントのフロイデンタールで生まれ、“ジギ”の愛称で親しまれたブラック&イエローのレジェンド、ジークフリート・ヘルトが75歳の誕生日を迎えた。

 

1966年にボルシア・ドルトムントで欧州カップウィナーズカップを獲得したヘルトは、同年のワールドカップ・イングランド大会で西ドイツの準優勝に貢献。ローター・エメリッヒと組んだFWコンビは、イギリスのメディアから“the terrible twins”(恐怖の双子)と呼ばれて恐れられた。

 

1960年代から1970年代に名声を博したこのストライカーは、ABCマルクトハイデンフェルト(1953-1963年)の下部組織を経てキッカーズ・オッフェンバッハ(1963-1965年)に加入。その後にBVBの一員となり、1965-1971年、1977-1979年の2期にわたって活躍した。

 

 

現役時代には華々しいキャリアを過ごし、ブンデスリーガで422試合(72得点)、ブンデスリーガ2部で49試合(4得点)、DFBポカールで47試合(8得点)、欧州カップ戦で11試合(4得点)に出場。西ドイツ代表としても41試合で5ゴールを挙げた。物静かな性格で知られたこのFWは、1970年のワールドカップ・メキシコ大会にも出場。延長戦の末に西ドイツがイタリアに3-4で敗れた準決勝は、大会史に残る名勝負の1つとして今なお語り継がれている。引退後は指導者として数カ国を渡り歩き、日本やアイスランド、エジプト、マルタなどで指揮を執った。

 

2006年ワールドカップでドルトムントのアンバサダーを務めたヘルトは、2007年からBVBとファンを結ぶスーパーバイザーとしても活躍。サポーターに絶大な人気を誇っている。

 

現役時代には圧倒的なスピードを誇り、左サイドを駆け上がるヘルトを止めるのは至難の技だった。フランツ・ベッケンバウアーやクラウス=ディーター・ジーロフ、ビリ・シュルツといったドイツ史上最強のDFたちさえも例外ではなく、ヘルトに置き去りにされ、シュートを撃たれる、あるいは相棒の“エマ”にパスを通されることになった。

 

 

誠実でチームメートからの信頼も厚く、聡明かつカリスマ性を備えたヘルトは、現在もBVB長老評議会で同様の地位を築き上げている。

 

“ジギ”の末永い健康と幸せを願い、心よりお祝いの言葉を申し上げたい。

 

文:フリッツ・リュンシャーマン

 

【関連記事】
DFBポカール初戦への1週間を白星でスタート
イサク4発、エアフルトに快勝
トプラクが鼻骨を骨折

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVBサッカースクールが愛知・岐阜で開校!

2018.1.24

BVBサッカースクールが愛知・岐阜で開校!

ボルシア・ドルトムントとNOVAホールディングス社は、日本の年少から15歳までの子供を対象とした常設のBVBサッカースクールを開校することを決定。より多くの日本の子供たちにB 続きを読む>>

ラーセンがシュツットガルトに期限付き移籍

2018.1.24

ラーセンがシュツットガルトに期限付き移籍

ボルシア・ドルトムントのFWヤコブ・ブルーン・ラーセン(19)が、シーズン終了までVfBシュツットガルトでプレーすることになった(2018年6月30日までの期限付き移籍契約) 続きを読む>>

5年前、試合を一転させた驚異の4分間

2018.1.24

5年前、試合を一転させた驚異の4分間

今週土曜、SCフライブルクがジグナル・イドゥナ・パルクにやって来る(日本時間27日23時30分キックオフ)。約5年前の2013年3月16日、バーデン=ビュルテンベルクから乗り 続きを読む>>