ニュース

2020.3.4

相性の良さと勢いに乗って勝利を!

相性の良さと勢いに乗って勝利を!

ボルシア・ドルトムントはボルシア・メンヘングラットバッハに対し、2015年4月11日以降の公式戦10試合で勝利を収めている。対戦相手別では最長となる連勝記録だ。日本時間8日2時30分にキックオフを迎える一戦について、両チームに関するデータを以下にまとめた。

 

試合情報
・BVBはブンデスリーガでボルシアMGに9連勝中。その9試合で26ゴールを奪っており、1試合平均では3ゴールとなる。さらに、今シーズン序盤のDFBポカール2回戦でも2-1と競り勝っている。
・BVBが0-1から最も多く勝ち点を奪った相手はボルシアMGで、ブンデスリーガ記録の22試合を数える。そのうち逆転勝利は9回あり、今シーズンのDFBポカールでも最終的にスコアをひっくり返した(テュラムに先制されたBVBがユリアン・ブラントの2ゴールで勝利)。
・BVBがブンデスリーガのアウェーゲームで4連勝している相手は、ボルシアMGとボルフスブルクのみ。
・ボルシアMGがBVBから最後に勝ち点を奪った試合は、3-1で勝利した2015年4月11日。当時のフォールズ(メンヘングラットバッハの愛称)を率いていたのはルシアン・ファブレ監督だった。

 

 

ボルシアMG
・1月17日のウインターブレーク明け初戦でFCシャルケ04に0-2で敗れて以降、ブンデスリーガで5試合無敗を維持。
・今シーズンの勝利数はバイエルン・ミュンヘン(16勝)に次いで多い14勝(BVBとライプツィヒも同数)。
・ホームでの直近9試合で8勝をマーク。前回のホームゲームではTSG1899ホッフェンハイムと1-1で引き分けた。今シーズンはライプツィヒに1-3で屈した2019年8月30日以降、地元で一度も敗れていない。

 

ボルシア・ドルトムント
・ブンデスリーガ3連勝の勢いに乗って敵地へ乗り込む。
・シーズン4敗はライプツィヒ(3敗)に次いで少ない。
・リーグ戦では13試合続けて得点を挙げている。
・ここ3試合は一度も失点していない。
・アウェーゲームではリーグ6位の勝ち点18を獲得。昨年11月末以降はベルリンマインツアウクスブルクブレーメンで勝利し、ジンスハイムレバークーゼンで敗れている。

 

 

【関連記事】
パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.26
ファンサービスを一時中止
試練の1週間

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

2020.4.5

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

アクラフ・ハキミのテクニックが炸裂!モロッコ代表ディフェンダーはボルシア・ドルトムントの代表としてバーチャル大会『ブンデスリーガ・ホーム・チャレンジ』の第2戦でホルシュタイン 続きを読む>>

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

2020.4.4

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

ボルシア・ドルトムントは新型コロナウイルスとの戦いをサポートすべく、ドイツ最大のサッカースタジアムを提供する決断を下した。ジグナル・イドゥナ・パルクの北スタンドは4日以降、B 続きを読む>>

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

2020.4.4

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

現時点でお知らせすべきスポーツ関連ニュースはあまりないが、3月31日に開かれたドイツサッカーリーグ(DFL)の通常総会により、ブンデスリーガの出場可能年齢が2020-21シー 続きを読む>>