ニュース

2017.10.11

目指すはホーム無敗記録の更新

目指すはホーム無敗記録の更新

シーズン2度目の代表マッチウィークが終わり、週末からブンデスリーガが再開する。その第8節で注目のカードの1つが、14日に首位ボルシア・ドルトムントが4位ライプツィヒをホームに迎える一戦だ(日本時間15日1時30分キックオフ)。この試合に関する情報を紹介する。

 

戦前の状況:BVBは現在4連勝中で、昨シーズンから合わせると13試合無敗を継続中。7節終了時点で過去最高の開幕スタートを切っている。一方のライプツィヒもここ6試合で1敗のみ(0-1で屈した9月19日のアウクスブルクとのアウェー戦)。両チームは昨シーズンに初めて顔を合わせ、いずれもホームゲームを1-0の勝利で終えている。

 

ホーム&アウェー:ブラック&イエローは本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでもう2年半負けていない(41試合無敗)。最後にホームで敗れたのは2015年4月4日で、バイエルンに0-1で競り負けた。ライプツィヒは今シーズン、アウェーで2勝を挙げているが(2勝2敗)、アウェーゲームでライプツィヒより勝利数が多いのはBVBだけ。

 

チーム情報:ペーター・ボス監督が13日に最新情報を発表することになっている。

 

直接対決の戦績:BVBはトップリーグで対戦したことがある通算52チームすべてから最低でも1回は勝利を挙げている。そして昨シーズン、ライプツィヒを1-0で下したことによりその記録を伸ばした。

 

各種データ:BVBは得点数がリーグで最も多く(21得点)、失点数は最も少ない(2失点)。無失点に抑えた試合も5試合と、ほかのどのチームよりも多く、昨シーズン全体の記録(9試合無失点)の半分をすでに超えている。これに対し、ライプツィヒが無失点に抑えたのは、ここ10試合で1度のみ。第3節にハンブルクを2-0で退けた。

 

主審:DFBが各試合の主審を発表するのは通常、木曜日の16時。

 

編集:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ピシュチェクが代表戦でひざを負傷
ブンデスリーガで好調の理由を分析
ボス監督:就任100日、10試合、2つのクラブ記録

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ボス監督:「2-0でリードしたら勝たないと」

2017.10.22

ボス監督:「2-0でリードしたら勝たないと」

両チームに決定的なチャンスが訪れた。ヌリ・シャヒンは土壇場で決勝点を決められず。アポエルと引き分けた試合でのピエール=エメリク・オーバメヤン、ライプツィヒに敗れた試合でのオー 続きを読む>>

「こういう展開は許されない」

2017.10.22

「こういう展開は許されない」

アイントラハト・フランクフルトとのアウェー戦を2-2の引き分けで終えたボルシア・ドルトムント陣営は、当然ながら失望感に包まれていた。ヌリ・シャヒンとマキシミリアン・フィリップ 続きを読む>>

2-2:フランクフルトでリードを守り切れずドロー

2017.10.22

2-2:フランクフルトでリードを守り切れずドロー

ボルシア・ドルトムントはアイントラハト・フランクフルトとのハイテンポなアウェー戦を2-2(前半1-0)のドローで終えた。他会場でバイエルンもハンブルクと引き分けたため、BVB 続きを読む>>